[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

甲子園決勝、慶応大応援の声量にネット衝撃 伝統「若き血」が地鳴り級「阪神ファンより声出てるやろ」

夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)は23日、慶応(神奈川)と仙台育英(宮城)の決勝が行われた。慶応は初回、丸田湊斗外野手(3年)が右翼席へ先頭打者弾。スタンドからの大応援に押されるようにライナーが突き刺さった。ネット上の高校野球ファンは「阪神ファンより声出てるやろ慶応」「声援のボリュームおかしいw」などと衝撃を受けていた。

慶応の丸田湊斗【写真:中戸川知世】
慶応の丸田湊斗【写真:中戸川知世】

夏の甲子園・決勝

 夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)は23日、慶応(神奈川)と仙台育英(宮城)の決勝が行われた。慶応は初回、丸田湊斗外野手(3年)が右翼席へ先頭打者弾。スタンドからの大応援に押されるようにライナーが突き刺さった。ネット上の高校野球ファンは「阪神ファンより声出てるやろ慶応」「声援のボリュームおかしいw」などと衝撃を受けていた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 107年ぶりの頂点を狙う慶応。伝統の応援歌「若き血」がスタンドでこだまする中、1番丸田が打席に入った。カウント2-2からの5球目、低めの変化球をすくい上げると、ライナー性の打球は右翼席へ。大観衆がどよめく先頭打者アーチとなった。丸田は笑顔とガッツポーズを見せてダイヤモンドを一周。これ以上ない勢いをつけた。

 盛り上がる慶応の応援団は「ダッシュKEIO」も歌い上げると、2死一、二塁から渡辺千之亮のラッキーな内野安打で追加点。仙台育英から初回に2点を奪った。

 選手を後押しする大応援にはX(ツイッター)上のファンも驚き、「歓声エグすぎやろ 阪神ファンよりやばいやん」「阪神ファンもびっくりの大軍団でウケる」「慶応の応援バケモンすぎるだろw」「甲子園での阪神ファンより声出てるやろ慶応」「声援のボリュームおかしいw」などと投稿。甲子園をホームとする熱烈な阪神ファンと比較する声が多数あがった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集