[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のチーム24冠が「冗談としか思えない」 ファン驚愕の異次元成績、「休んでない」の声も

米大リーグのシーズンも残り40試合を切った。エンゼルスの大谷翔平投手はここまで投げては10勝、打っては43本塁打とすさまじい成績を残してきた。SNS上ではファンから「冗談としか思えない」「おかしいな。これ1人の選手だよ」とその成績の“異常性”に改めて注目する声が上がっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

エンゼルスでは投打で“唯一無二”の存在となっている大谷

 米大リーグのシーズンも残り40試合を切った。エンゼルスの大谷翔平投手はここまで投げては10勝、打っては43本塁打とすさまじい成績を残してきた。SNS上ではファンから「冗談としか思えない」「おかしいな。これ1人の選手だよ」とその成績の“異常性”に改めて注目する声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 大谷の20日(日本時間21日)までの防御率3.17はア・リーグ4位、被打率.185は同じくトップ。打者としても43本塁打は2位のルイス・ロバートJr.(ホワイトソックス)に10本差をつけてリーグトップ。89打点はリーグ6位だ。投打あらゆる項目でリーグ上位につける。

 さらに衝撃的なのは、各項目のエンゼルス内での順位だ。大谷はここまで、チーム125試合中の123試合に出場しており、これはチーム首位。他にも打者としては打席、打数、得点、安打、三塁打、本塁打、打点、四球、三振、盗塁、盗塁死、打率、出塁率、長打率、OPS、長打、塁打、敬遠四球の計19部門でチーム内首位だ。ここにない二塁打部門も21本で、レンフローに続く2位になっている。

 そして投手としても10勝、防御率3.17、165奪三振、被打率.185、WHIP(1イニングあたりに許した走者)1.06と5部門でトップ。規定投球回に到達している投手も2人しかおらず、130回2/3の大谷は今季途中にホワイトソックスから移籍したジオリト(142回)に次ぐ2位だ。

 2021年にマークした46本塁打を大きく更新するペースで打ちまくり、投手としても進化を続ける今季の大谷に、X(旧ツイッター)上では日本のファンから「何世紀にもわたって語り継がれるであろう大谷翔平」「これだけの数字を叩き出している打者が、投手としてこれだけの成績って事に驚愕しかない」との声が挙がっている。

“チーム24冠”の大谷にとって、心配の種は試合に出ずっぱりなこと。「2試合しか休んでないよ!」「体を大切に」とコンディションを心配する声も上がっていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集