[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「あの球は誰も打てない」 大谷翔平の同僚が語った衝撃の1球「米国人としては悔しいけど…」

米大リーグのエンゼルスで、今季リリーフとして17試合に投げたジミー・ハーゲット投手が間近で見てきた大谷翔平投手の二刀流について「信じられない」と驚きを語った。米国のスポーツメディア「ファナティックス・ビュー」の野球専門YouTubeチャンネルが公開している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

エンゼルスの同僚ハーゲットが回顧

 米大リーグのエンゼルスで、今季リリーフとして17試合に投げたジミー・ハーゲット投手が間近で見てきた大谷翔平投手の二刀流について「信じられない」と驚きを語った。米国のスポーツメディア「ファナティックス・ビュー」の野球専門YouTubeチャンネルが公開している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

「オオタニやトラウトと一緒にプレーすることについてどう思う?」と問われたハーゲットは「すごくクールだよ」と即答し、続けて「彼らはスーパースターらしくなくて、クラブハウスでは普通の人たちなんだ。みんなに気さくに話してくれるし、誰ものけ者にしないし。とてもいいグループで、その一員でいられて嬉しいよ」とチームの雰囲気の良さを口にしている。

 また、3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦で実現した大谷とトラウトの対決について「クラブハウスを共にする自分としては、2人がどれだけ優れたプレーヤーか知っているから、2人の対決はすごかった。アメリカ人としてはショウヘイが勝ったのは悔しいけど、あのボールは誰も打てなかったと思う」と、三振を奪った大谷の投球に衝撃を受けていた。

 さらに「小さいころから野球をやってきて、ショウヘイのような二刀流が現れると思った?」という質問には「みんなが二刀流に憧れるけど、子供の頃にどちらか選ばないといけなくなる。だからショウヘイの二刀流、彼が毎日やっていることは信じられないよ」と驚きを隠さない。

 29歳のハーゲットが小さい頃に好きだったリリーフ投手は、アスレチックスなどで通算390セーブを挙げたデニス・エカーズリー。ハーゲットと同じく右横手からの投球が特徴的だった。20日(日本時間21日)には今季5度目のマイナー降格となったが、レッズ、レンジャーズに続くメジャー3球団目での経験はとても刺激的なようだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集