[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

孤軍奮闘の大谷翔平を「解放してあげて」 FA移籍許す米ファンの声にインドメディアまで注目

米大リーグ・エンゼルスは2014年以来のポストシーズン進出を目指しているが、ワイルドカード争いでも厳しい現状にある。大谷翔平投手が投げては10勝、打ってはリーグトップの43本塁打と活躍しているが、「彼を解放してあげてほしい」と願う米ファンもいるとインドメディアまで注目している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

エンゼルスは20日のレイズ戦で18失点

 米大リーグ・エンゼルスは2014年以来のポストシーズン進出を目指しているが、ワイルドカード争いでも厳しい現状にある。大谷翔平投手が投げては10勝、打ってはリーグトップの43本塁打と活躍しているが、「彼を解放してあげてほしい」と願う米ファンもいるとインドメディアまで注目している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 インドのスポーツ専門メディア「Sportskeeda」は「エンゼルスのファンは、レイズ戦の大敗を見て、オオタニが6億ドル(約787億円)のFA権を行使してエンゼルスを去るのを許す方向だ」との見出しで記事を掲載した。

 エンゼルスは20日、レイズとのダブルヘッダー第2戦で今季ワーストの18失点。記事では「エンゼルスは崖っぷちに立たされている。オオタニはいい状態だがアメリカンリーグのワイルドカード争いを再び這い上がるには彼だけではどうしようもない」と指摘した。

 残り37試合の段階で、エンゼルスはワイルドカード争いで8ゲーム差。米国のエンゼルスファンについて「試合の敗北に激怒している」と伝えた記事では「ファンは敗北パターンに陥っているフランチャイズ(エンゼルス)から彼(大谷)を解放してあげて欲しいと願っている」と注目した。

 同メディアはX(旧ツイッター上に「オオタニを自由にしてあげて!」「サヨナラ、オオタニ」などといった声があったことのほか、大谷の写真とともに「サヨナラ・アナハイム」とコメントした米ファンもいたことを伝えた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集