[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「すごく楽しかった」大谷翔平との日々 戦力外の元女房役、指摘した希少性「多分現れない」

米大リーグのエンゼルスで今季58試合に出場し、大谷翔平投手の“相棒”だったチャド・ウォラック捕手が米メディアのインタビューに答えた。捕手の目から見た大谷の投球について語り、今後大谷のような二刀流選手は「多分現れないと思う」と断言している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

今季、大谷のボールを受けてきたチャド・ウォラックが語る二刀流

 米大リーグのエンゼルスで今季58試合に出場し、大谷翔平投手の“相棒”だったチャド・ウォラック捕手が米メディアのインタビューに答えた。捕手の目から見た大谷の投球について語り、今後大谷のような二刀流選手は「多分現れないと思う」と断言している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 これは米スポーツメディア「ファナティックス・ビュー」の野球専門YouTubeチャンネルが公開したもの。「大谷のボールを捕ることについては?」という質問に「すごく楽しかったよ。全てを総合してもクールなことだった」と答えたウォラックは、さらに捕手として捕るのが難しい球と好きな球を聞かれ「動くスプリットが難しいね。好きなのはいいところに決まった速球だよ」と続けた。いずれも大谷の大きな武器だ。

 3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝で実現した大谷とマイク・トラウト外野手の投打対決には「あんなことが起きるとは信じられなかったよ」とする一方で「でも見ていて楽しかった。アメリカ側からすれば残念な結果だったけど、ショウヘイにとっては良かったね!」と大谷を称えている。

 また「ショウヘイのようにすごいスプリットを投げて、40本以上のホームランを打つ選手がこれからも現れると思う?」という質問には「いや。多分現れないと思うよ」ときっぱり。「リトルリーグで騒がれている子もいるけど、トップレベルでは難しいと思う」と、改めて大谷の“希少性”を指摘した。

 ウォラックの父は、エクスポズなどでメジャー通算2212試合に出場したティム・ウォラック。好きな選手には5歳のころに引退した自身の父を挙げた。ドジャースファンだったので好きな捕手はポール・ロデューカとマイク・ピアザだという。8月18日(日本時間19日)に事実上の戦力外とされ、20日(日本時間21日)にマイナー降格となったウォラック。今後どんな野球人生を歩むだろうか。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集