[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に不運のダブルプレー 三盗→中飛で戻り切れず、敵地実況席「オオタニが気づいた時は…」

エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、レイズとの本拠地ダブルヘッダー第1試合に「2番・DH」で出場。7回に二塁走者として果敢に三盗を試みたが、打者が打ってセンターライナー。戻り切れずダブルプレーとなる不運となった。

7回に三盗を試みるも打者の中飛で二塁へ戻ろうとする大谷翔平【写真:Getty Images】
7回に三盗を試みるも打者の中飛で二塁へ戻ろうとする大谷翔平【写真:Getty Images】

レイズとの本拠地ダブルヘッダー第1試合

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、レイズとの本拠地ダブルヘッダー第1試合に「2番・DH」で出場。7回に二塁走者として果敢に三盗を試みたが、打者が打ってセンターライナー。戻り切れずダブルプレーとなる不運となった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 7-6とリードした7回先頭で四球を選び、出塁した大谷。無死一、二塁となり、打者ムスタカスの場面で果敢に単独で三盗を試みた。ただ、ムスタカスが打って勢いのあるセンターフライに。三塁に到達していた大谷は慌てて帰塁したが間に合わず、ダブルプレーとなった。

 レイズからすれば救われた格好となり、米フロリダ州地元局「バリー・スポーツ・フロリダ」の中継では、実況のアンディ・フリード氏が「(センターの)レイリーが捕球し二塁へ送球、オオタニをダブルプレーにした! エンゼルスにとっては不運でした」と伝えた。

 解説のダグ・ウェクター氏は「オオタニはこのプレーで明らかに盗塁を狙っていました」と述べ、「レイズにとっては完璧でした。スピードのあるオオタニが気づいた時にはレイリーが本当にいい仕事をしました」と素早い送球で大谷を仕留めた中堅手を称賛した。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集