[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悲劇の“なおエ”に「おいおい」 大谷満塁HR&三重殺でも敗北、日本知る米記者ため息

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地レイズ戦に「2番・DH」で先発出場。1-1で迎えた2回に43号満塁弾を放ったが、その後投手陣がリードを守れずに延長戦へもつれ込み、最終的に6-9で敗れた。9回の守りではトリプルプレーも飛び出すなど勝つチャンスが十分にありながらの敗戦に、MLB公式サイトの名物記者も「おいおい」とSNSでつぶやいている。

2回に43号満塁弾を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
2回に43号満塁弾を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

エンゼルスがリードを守れず痛恨の敗戦

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地レイズ戦に「2番・DH」で先発出場。1-1で迎えた2回に43号満塁弾を放ったが、その後投手陣がリードを守れずに延長戦へもつれ込み、最終的に6-9で敗れた。9回の守りではトリプルプレーも飛び出すなど勝つチャンスが十分にありながらの敗戦に、MLB公式サイトの名物記者も「おいおい」とSNSでつぶやいている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 歴史的な敗北だ。エンゼルスは1-1で迎えた2回2死満塁の場面で、大谷が右翼席へ43号満塁弾。5-1とリードを広げ、本拠地エンゼルスタジアムを熱狂に包んだが、援護をもらった先発アンダーソンが踏ん張れず。5回途中5失点で降板すると、試合は6-6で9回へ。守りでは起死回生のトリプルプレーが飛び出し、その裏に1死一、二塁のサヨナラ機で大谷が打席へ。しかし空振り三振に終わり、試合は延長戦へ突入した。

 だが回跨ぎでマウンドに上がった守護神エステベスが、10回に2点を失って降板。後を受けたループも1点を奪われ、その裏の攻撃は無得点。序盤は最高の雰囲気に包まれていたはずのエンゼルスが、痛恨の敗戦を喫した。

 この結果に3月のWBC東京ラウンドを取材し、日本の食や文化を次々と発信して話題になったMLB公式サイトのマイケル・クレア記者も反応。自身のX(旧ツイッター)を更新し、「オオタニがグランドスラムを放ち、エンゼルスはトリプルプレーを決めた…そして負けた。おいおい」と悲劇的敗戦を呼んだ“なおエ”には呆れていた様子だった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集