[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷満塁HR&トリプルプレーでも勝てないエ軍に米記者呆れる「はっきり言わせて…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地レイズ戦に「2番・DH」で先発出場。2回に43号満塁弾をかっ飛ばしたが、投手陣がリードを守れず。延長戦の末に9-6で敗れた。9回の守りではトリプルプレーも飛び出すなど勝つチャンスは十分にあったが、米記者たちも「このチームは本当に自分たちのやり方から抜け出すことができない」と呆れていた。

2回の第2打席で2試合連続となる今季43号満塁本塁打を叩き込んだエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
2回の第2打席で2試合連続となる今季43号満塁本塁打を叩き込んだエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

レイズ戦に延長戦の末敗れる

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地レイズ戦に「2番・DH」で先発出場。2回に43号満塁弾をかっ飛ばしたが、投手陣がリードを守れず。延長戦の末に9-6で敗れた。9回の守りではトリプルプレーも飛び出すなど勝つチャンスは十分にあったが、米記者たちも「このチームは本当に自分たちのやり方から抜け出すことができない」と呆れていた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 大谷は1-1で迎えた2回2死満塁の第2打席で、右翼席へ運ぶ43号満塁弾をかっ飛ばした。エンゼルスタジアムを熱狂に包む一発で5-1とリードを広げたが、援護をもらった先発アンダーソンが踏ん張れず。5回途中5失点で降板すると、試合は6-6で9回へ。守りでは起死回生のトリプルプレーが飛び出し、その裏に1死一、二塁のサヨナラ機で大谷が打席へ。しかし空振り三振に終わり、試合は延長戦へ突入した。

 回跨ぎでマウンドに上がった守護神エステベスがピリッとせず、2点を失って降板。後を受けたループも1点を奪われ、その裏の攻撃は無得点。エンゼルスが敗れた。

 X(旧ツイッター)上の米記者も呆れてしまった。米紙「ロサンゼルスタイムズ」のマイク・ディジオバンナ記者は「はっきり言わせてくれ……ショウヘイ・オオタニがグランドスラムを放ち、エンゼルスは9回表のノーアウト一、三塁の窮地をトリプルプレーで脱却した……で彼らはレイズに負けた?なるほどな」と投稿した。

 MLB公式のブレント・マグワイア記者も「ショウヘイ・オオタニがキャリア2度目のグランドスラムを放ち、エンゼルスは1997年以来となるトリプルプレーを成功させたが、それでも9-6で負ける道を行った」と速報。「このチームは本当に自分たちのやり方から抜け出すことができない」と記していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集