[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

43号大谷翔平、満塁HRでまた歴史的シーズン加速 米記者がデータ連投、MLB史上初の3度達成も

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、レイズ戦に「2番・DH」で先発出場。2回の第2打席で今季43号満塁弾をかっ飛ばした。大谷の満塁弾はキャリア2本目。米記者は大谷が歴史的シーズンを送っていることを表すデータの数々をSNSに連投していた。

2回の第2打席で2試合連続となる今季43号満塁本塁打を叩き込んだエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
2回の第2打席で2試合連続となる今季43号満塁本塁打を叩き込んだエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷の満塁弾2本はいずれもレイズ戦

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、レイズ戦に「2番・DH」で先発出場。2回の第2打席で今季43号満塁弾をかっ飛ばした。大谷の満塁弾はキャリア2本目。米記者は大谷が歴史的シーズンを送っていることを表すデータの数々をSNSに連投していた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 打たれたラミレスは即座に被弾を確信していた。1-1の同点で迎えた2回2死満塁の打席、大谷は高めの球をかっ飛ばした。豪快な打球はあっという間に右翼席へ着弾。リーグHRキング独走の43号は満塁弾になった。エンゼルスタジアムは大盛り上がり。悠々とホームインし、味方と喜び合った。

 大谷が満塁弾を打ったのは、2022年5月の以来2本目。MLB公式のサラ・ラングス記者は、自身のX(旧ツイッター)で大谷が歴史的なシーズンを送っていることを連続投稿で伝えた。まずは「シーズン最多HRで、少なくとも1回は完封勝利を収めた」との選手は「2023年 オオタニ:43 1918年 ベーブ・ルース:11 1931年 ウェス・フェレル:9」の3人だけ。大谷が本塁打数ではぶっちぎりだ。

 さらに「シーズン最多HR、投手として10勝以上」との投稿では「2023年 オオタニ 43本(10勝)、2022年 オオタニ 34本(15勝)、1918年 ベーブ・ルース 11(13勝)、1931年 ウェス・フェレル 9本(22勝)」とこちらも大谷が2度記録した唯一の選手であると紹介。さらに「シーズン最多HR、マウンドで100以上の三振」の選手は「2021年 オオタニ:46(156K)、2023年 オオタニ:43(165K)、2022年 オオタニ:34(219K)、1931年 ウェス・フェレル: 9 (124K)」と、大谷がMLB史上唯一の3度目の達成者であると記していた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集