[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宿敵ヤンキースから豪快3ラン 吉田正尚の一撃に米識者「ファンは払い過ぎと言われたヨシダに興奮」

米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手が18日(日本時間19日)、敵地ヤンキース戦に「4番・左翼」で先発出場。初回の1回無死一、二塁で迎えた第1打席で、13号3ランを右翼席に放った。豪快な一撃を受け敵地も騒然としたなか、米識者がレッドソックスファンの様子について反応している。

第1打席で13号3ランを右翼席に放ったレッドソックスの吉田正尚【写真:ロイター】
第1打席で13号3ランを右翼席に放ったレッドソックスの吉田正尚【写真:ロイター】

ヤンキース戦で初回に13号3ラン

 米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手が18日(日本時間19日)、敵地ヤンキース戦に「4番・左翼」で先発出場。初回の1回無死一、二塁で迎えた第1打席で、13号3ランを右翼席に放った。豪快な一撃を受け敵地も騒然としたなか、米識者がレッドソックスファンの様子について反応している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 初回に3連打で1点を奪ったレッドソックス。無死一、二塁で打席に立った吉田は、ヤンキース先発のブリトーが1-0から投じた真ん中へのボールを見逃さなかった。フルスイングすると打球は右翼席へ。豪快3ランによって1アウトも取れずに4点を先取された状況に、敵地ヤンキースタジアムは騒然とした。

 この一撃に米スポーツ分析会社「パーレイサイエンス」のアハーン・ラングタ氏は、自身のX(旧ツイッター)に「レッドソックスのファンは払い過ぎと言われていたマサタカ・ヨシダに興奮しているようだ」と投稿。日本のファンもネット上で「ヤンキース相手に大きな仕事」「また上がってきそうな雰囲気あるね」などと反応していた。

 吉田にとって本塁打は、7月25日(日本時間26日)のブレーブス戦以来19試合ぶり。5連敗中の“宿敵”ヤンキースとのワイルドカード争いの重要な一戦で幸先の良いスタートを切った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集