[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉田正尚の同僚が呆れる“誤審”で三振 米放送席は大混乱「完全に外れている」「ハハハハ…」

米大リーグ・レッドソックスで吉田正尚外野手の同僚のジャスティン・ターナー内野手が受けた“酷すぎる”ストライク判定に、米マサチューセッツ州の地元局「ニューイングランド・スポーツ・ネットワーク」放送席が「信じられない」「完全に外れています」と大混乱に陥った。

4回の打席で審判と話すレッドソックスのジャスティン・ターナー【写真:ロイター】
4回の打席で審判と話すレッドソックスのジャスティン・ターナー【写真:ロイター】

レッドソックスのターナー、悠然と一塁に歩こうとしたところで「ストライク!」

 米大リーグ・レッドソックスで吉田正尚外野手の同僚のジャスティン・ターナー内野手が受けた“酷すぎる”ストライク判定に、米マサチューセッツ州の地元局「ニューイングランド・スポーツ・ネットワーク」放送席が「信じられない」「完全に外れています」と大混乱に陥った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 15日(日本時間16日)に行われたナショナルズ戦でのこと。「2番・DH」で先発したターナーの4回の打席だった。2死無走者、フルカウントから相手の2番手左腕、ロベルト・ガルシアの投球は83.2マイル(約133.9キロ)のスライダー。外角へ大きく外れた……ように見え、打席のターナーも一塁へ歩く準備を進めたところに、球審からストライクのコールを浴びせられた。

 思わず頭を抱え、苦笑いするしかないターナー。解説のケビン・ミラー氏は「ハハハハハ……ワオ」と呆れたかのような笑い声を発した。続けて実況のデイブ・オブライエン氏が「レッドソックスのベンチは信じられないようです」と伝えると、ミラー氏も「No。これはストライクではありません」ときっぱり。「プレートから完全に外れています。ストライクではありません」と続けた。試合はレッドソックスが5-4で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集