[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「今季ほぼ全試合に出場」 次回登板回避で米放送局が改めてフル回転ぶりに言及

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、15日(日本時間16日)に予定されていた次回登板を回避することとなった。MLB公式サイトの番記者などが報じている。「腕の疲労」をフィル・ネビン監督に直訴したといい、米放送局も「エンゼルスのスーパースターが疲労に対処」と注目。「ほぼ全試合に出場している」とここまでのフル稼働ぶりを取り上げた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

フィル・ネビン監督が次回登板の回避を明言

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、15日(日本時間16日)に予定されていた次回登板を回避することとなった。MLB公式サイトの番記者などが報じている。「腕の疲労」をフィル・ネビン監督に直訴したといい、米放送局も「エンゼルスのスーパースターが疲労に対処」と注目。「ほぼ全試合に出場している」とここまでのフル稼働ぶりを取り上げた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 9試合ぶりとなる41号ソロを放って2-1の勝利に貢献した13日(同14日)の敵地アストロズ戦前。ネビン監督が大谷の次回登板回避を明言した。MLB公式のエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニが『腕の疲労』のために次回の先発登板をスキップさせてほしいと頼んできた、とフィル・ネビン監督は言った」と自身のX(旧ツイッター)に記し、大谷が直訴したことを伝えた。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は「ショウヘイ・オオタニがレンジャーズ戦の先発登板をスキップ、エンゼルスのスーパースターが疲労に対処」と題する記事を掲載。ここ最近、痙攣が頻繁に起こっている理由として、本人が疲労を挙げていたことに言及した。

 同記事は「二刀流の天才は、今季エンゼルスのほぼ全試合に出場している」と紹介。この日の試合前の時点で、「オオタニはエンゼルスの118試合中116試合に出場している。そのうち22試合は投手として先発。5月初旬以降、彼は休みを取っていない」と記した。

 二刀流のフル稼働で、出場117試合はチーム最多。「7月28日(同29日)までは1度も試合の途中で交代していない。その日でさえも、9回にようやく交代。最近では指のマメと爪の問題のために、投手としては何度か途中降板しているが、その際もたいてい打者として試合には残っている」と、記事では途中交代さえ少ないことに触れた。

 MLB公式サイトによると、ネビン監督は試合後「打撃とは全く関係がない。怪我ではなくてただ疲れているだけだ」と強調。裏付けるように、大谷は打席での不安を払拭する特大の41号ソロを放った。しかし、異次元の活躍でたびたび「宇宙人」「ロボット」と表現される二刀流も、さすがに疲労は溜まっているようだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集