[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

PK失敗・なでしこ植木理子へ 寄り添った選手に海外感動「最高のチーム」「君たちを愛する」

サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会に出場した日本代表(なでしこジャパン)は11日、準々決勝でスウェーデンに1-2で敗れ、12年ぶり優勝はならなかった。日本サッカー協会は涙を流しながら撮影した集合写真を公開。0-2の後半31分にPKを失敗したMF植木理子には、DF石川璃音が寄り添っていた。海外ファンからも「最高のチーム」「あまり悲しまないで」と反響が集まっている。

後半31分、PKを失敗し頭を抱える植木理子【写真:ロイター】
後半31分、PKを失敗し頭を抱える植木理子【写真:ロイター】

敗戦直後のピッチに注目

 サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会に出場した日本代表(なでしこジャパン)は11日、準々決勝でスウェーデンに1-2で敗れ、12年ぶり優勝はならなかった。日本サッカー協会は涙を流しながら撮影した集合写真を公開。0-2の後半31分にPKを失敗したMF植木理子には、DF石川璃音が寄り添っていた。海外ファンからも「最高のチーム」「あまり悲しまないで」と反響が集まっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 肩を抱き、一緒になって泣いていたようだ。敗戦直後のピッチ上。涙を流すなでしこジャパンは、2列で肩を組んで集合写真に納まった。一番左の清水梨紗から中央の主将・熊谷紗希、藤野あおばなどみんな泣き顔。特に後列右の植木は堪えきれないようだ。隣りに寄り添う石川も、そっと肩に手を置いている。

 日本サッカー協会公式インスタグラムは、泣き顔で撮った集合写真の画像を公開。感動した日本人ファンから「この集合写真を見る度に涙が出てきます」とコメントが寄せられていたが、反響はさらに拡大。海外ファンから労いや励ましの声が相次いだ。

「日本がこれほど礼儀正しいチームになったことをとても誇りに思う」
「あなたたちは素晴らしい。このチームを永遠に愛する」
「私にとっていつもNo.1だ!」
「あまり悲しまないで、素晴らしい試合だったわ」
「永遠のNo.1! これまで以上に強くなって戻ってくるだろう」
「みんな頑張ったよ、誇りだ」
「最高のチームだ」

 確かな実力で快進撃を見せたなでしこジャパン。来年にはパリ五輪を控える。PK獲得は、植木が積極果敢なドリブル突破を試みたから生まれたものだった。まだ24歳、石川は20歳。悔しさをぶつける舞台は多くある。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集