[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェンス直撃のはずが… 吉田正尚も困惑、打球が“消えた”珍事に米メディア「ハマった」と驚き

米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手は、9日(日本時間10日)の本拠地ロイヤルズ戦に「2番・左翼」で先発出場したが、2回の守備でまさかの珍事に遭遇。米メディアも「今までで一度もないだろう」と驚きを示している。

本拠地ロイヤルズ戦に「2番・左翼」で先発出場した吉田正尚【写真:Getty Images】
本拠地ロイヤルズ戦に「2番・左翼」で先発出場した吉田正尚【写真:Getty Images】

フェンス直撃のはずのボールは…

 米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手は、9日(日本時間10日)の本拠地ロイヤルズ戦に「2番・左翼」で先発出場したが、2回の守備でまさかの珍事に遭遇。米メディアも「今までで一度もないだろう」と驚きを示している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 場内も騒然となった。2回2死一塁からロイヤルズの9番イスベルが放った左翼への鋭い打球は、後方に下がりながらジャンプした吉田のグラブの先を抜ける。左翼の名物グリーンモンスターに体を預けながら着地した吉田は、ボールがフェンスにはね返ったと思い前方のグラウンド上を探すが、ボールはどこにもなく困惑した仕草を見せていた。

 打球はフェンスに設置されているボールカウントのランプを直撃。アウトカウントを示すランプが割れ、そのまま内部へ。打者はグラウンドルールにより二塁打となった。

 この珍事に米メディアも反応。米マサチューセッツ州地元局「ニューイングランド・スポーツ・ネットワーク」は公式X(旧ツイッター)に、ボールが消えた瞬間のスロー映像とともに「えっと、これは今まで見たことのないものだ」と投稿。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門アカウントも、「フェンウェイでスコアボードのライトにボールがハマったことは今までで一度もないだろうね」と伝えた。

「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家のロブ・フリードマン氏も、自身のXに「フェンウェイでボールがライトの中にハマった。何もかも見てきたと思った時に……」とつづり、驚きを示していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集