[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なでしこJとの対戦逃した米国 W杯4試合で衝撃の「被枠内シュート2本」も…歴代ワーストの屈辱

サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会は8日、決勝トーナメント1回戦最後の2試合が行われ、8強が出揃った。日本女子代表(なでしこジャパン)は5日にノルウェーに3-1で勝利。2大会ぶりの8強入りを決めた。3連覇を狙った米国は、スウェーデンと120分間でも0-0と勝負がつかず、PK戦の末に敗退。同国代表史上ワーストの成績となったが、ピッチ上では女王らしいサッカーを展開し、4試合で浴びた枠内シュート数はわずか2本だった。

女子W杯、決勝トーナメント1回戦で敗れた米国代表【写真:ロイター】
女子W杯、決勝トーナメント1回戦で敗れた米国代表【写真:ロイター】

女子W杯8強出そろう

 サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会は8日、決勝トーナメント1回戦最後の2試合が行われ、8強が出揃った。日本女子代表(なでしこジャパン)は5日にノルウェーに3-1で勝利。2大会ぶりの8強入りを決めた。3連覇を狙った米国は、スウェーデンと120分間でも0-0と勝負がつかず、PK戦の末に敗退。同国代表史上ワーストの成績となったが、ピッチ上では女王らしいサッカーを展開し、4試合で浴びた枠内シュート数はわずか2本だった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 米国はスウェーデン戦で21本のシュートを放ち、そのうち枠内に12本を飛ばす猛攻を見せる。ペナルティーエリア内外から終始攻め立てるものの、最後までゴールをこじ開けられなかった。その一方でスウェーデンに放たれたシュートは8本で、枠内に飛んだのは1本のみ。それでも、最後はPK戦でゴールラインテクノロジー(GLT)が示した“スウェーデンの1ミリ”により、なでしこジャパンが待つ準々決勝には進めなかった。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」によると、今大会で米国が浴びた枠内シュート数はたったの2本のみ。スウェーデン戦の1本と1次リーグのオランダ戦での失点シーンだけで、4試合を消化しながら参加32か国中最小だった。失点数も日本らと並ぶ1。GKのセーブ数も3といずれも最少だ。その一方で、シュート数74はスペインの83に次ぐ2位、枠内シュート数31も日本とスペインの33に次ぐ2位につけるも、ゴール数は4と攻撃陣が機能しなかった。

 W杯4度の優勝を誇る米国にとって、ベスト16での敗退は史上最低の成績。日本は11日の準々決勝で、“絶対女王”を破ったスウェーデンと対戦する。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集