[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャッジ推しNY記者も“白旗” 大谷翔平のMVPは「1か月前」に決着と断言「唯一の議論は…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季も二刀流で躍動している。打ってはメジャートップの40本塁打に加え83打点16盗塁。投げては9勝5敗で防御率3.32、メジャートップの被打率.186をマークしている。またもや歴史的なシーズンを過ごしているが、昨シーズン、アーロン・ジャッジ外野手のMVPを強気に主張し続けたヤンキースの地元ニューヨーク紙の名物記者は、大谷のMVP受賞は「1か月前に決着している」と断言している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

二刀流での躍動で“降参”

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季も二刀流で躍動している。打ってはメジャートップの40本塁打に加え83打点16盗塁。投げては9勝5敗で防御率3.32、メジャートップの被打率.186をマークしている。またもや歴史的なシーズンを過ごしているが、昨シーズン、アーロン・ジャッジ外野手のMVPを強気に主張し続けたヤンキースの地元ニューヨーク紙の名物記者は、大谷のMVP受賞は「1か月前に決着している」と断言している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 今季の大谷は6月に15本塁打と大爆発。3年連続でオールスターに選出されると、7月も調子を維持し9本塁打を放つなど2か月連続で月間MVPを受賞した。圧巻は7月27日(日本時間28日)のタイガースとのダブルヘッダー。第1戦で先発登板し、1安打無失点でMLBで初の完投勝利を収めると、第2戦では2本塁打を放つ驚異的なパフォーマンスを披露していた。

 MLB公式X(旧ツイッター)は8日(同9日)に、両リーグのMVPランキングを発表。専門家の投票によるもので、ア・リーグでは大谷が1位で、2位カイル・タッカー(アストロズ)、3位アドリス・ガルシア(レンジャーズ)、4位マーカス・セミエン(レンジャーズ)、5位ルイス・ロバートJr.(ホワイトソックス)とランク付けられていた。

 これに米紙「ニューヨーク・ポスト」の名物記者ジョン・ヘイマン氏が反応。自身のXで投稿を引用し、「これら全ての選手たちはファンタスティックだ。しかしア・リーグのMVP“争い”は1か月前に決着している」とし、「唯一の議論は、オオタニか、もしくはベーブ・ルースのどちらが史上最高の選手かというものだ」と大谷の別次元ぶりを強調していた。

 ヘイマン記者は昨季、MVPレースで大谷派とジャッジ派で論争になった際に「MVP投票は大勝で決まるだろう」とジャッジMVPを断言。「オレンジ郡(エンゼルスのホームタウン)に住む数人以外は誰もが知っていることだ」とロサンゼルスにいる“大谷派”の記者たちに言い放っていた。ジャッジ推しのNY記者も、大谷には脱帽するしかないようだ。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集