[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、規格外の「センター前二塁打」に米実況興奮「アフターバーナーを点火してテイクオフした」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)の本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場。6回の第3打席で右腕ウェブからセンター前に安打を放ったが、快足を飛ばして何と二塁に到達。規格外の「センター前二塁打」に米実況は「アフターバーナーを点火して、一塁を踏んだ瞬間にテイクオフした! 彼が離陸するところを見てください!」と興奮した様子で伝えた。

本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)の本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場。6回の第3打席で右腕ウェブからセンター前に安打を放ったが、快足を飛ばして何と二塁に到達。規格外の「センター前二塁打」に米実況は「アフターバーナーを点火して、一塁を踏んだ瞬間にテイクオフした! 彼が離陸するところを見てください!」と興奮した様子で伝えた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 迷いはなかった。初回の中前打に続き、0-1と1点ビハインドの6回にもウェブから一、二塁間を抜く中前打を放った大谷。しかし、一塁を回るところで減速せず、そのまま二塁に向かった。MLB公式のブレント・マグワイア記者が自身のツイッターで「秒速29.0フィート(時速31.82キロ)」と記したスピード。二塁への送球が遅かったこともあり、悠々と二塁に到達した。

 この一打に、カリフォルニア州地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の解説マーク・グビザ氏は「彼はバッターボックスを出た瞬間に二塁に行くことを考えていた。アフターバーナーを点火して、一塁を踏んだ瞬間にテイクオフした! 彼が離陸するところを見てください!」と興奮気味に伝えた。AP通信のエンゼルス番グレッグ・ビーチャム記者も自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニは6回先頭で二塁打を放った。打球速度は106マイル。ジャイアンツの中堅手はフェンスのかなり前で掴んだが、オオタニはとても速いので関係なく二塁にいった」とつづった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集