[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なでしこと戦えなかった米国GK W杯3連覇阻まれた“科学の目”に無念さ露わ「止めたと思った」

6日に行われたサッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会の決勝トーナメント1回戦で、FIFAランキング3位のスウェーデンにPK戦の末、4-5で敗れた同1位の米国代表。PK戦でゴールラインテクノロジー(GLT)が示した“科学の目”の前に大会3連覇の夢はついえた。最後に涙をのんだ米国代表GKアリッサ・ネイハーは「ミリ単位の差で終わってしまうのは非常につらい」「止めたと思った」などと心境を語った。米スポーツ専門局が伝えている。

最後に涙をのんだ米国代表GKアリッサ・ネイハー【写真:ロイター】
最後に涙をのんだ米国代表GKアリッサ・ネイハー【写真:ロイター】

女子W杯決勝トーナメント1回戦で敗退

 6日に行われたサッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会の決勝トーナメント1回戦で、FIFAランキング3位のスウェーデンにPK戦の末、4-5で敗れた同1位の米国代表。PK戦でゴールラインテクノロジー(GLT)が示した“科学の目”の前に大会3連覇の夢はついえた。最後に涙をのんだ米国代表GKアリッサ・ネイハーは「ミリ単位の差で終わってしまうのは非常につらい」「止めたと思った」などと心境を語った。米スポーツ専門局が伝えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 スポーツ大国からサッカーの「女王」の称号が消えた。120分戦って両チーム無得点。5人ずつが蹴り合ったPK戦でも決着がつかず、突入したサドンデスに落とし穴があった。米国は7人目がポストに当てて失敗。スウェーデン7人目のDFリナ・フルティグが蹴ったボールは米国GKネイハーが弾き出して試合続行かと思われた。しかし、GLTの判定は「ゴール」。その瞬間、スウェーデンの勝利が決まった。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」は「アリッサ・ネイハー、スウェーデンの決勝点についてのコメント『止めたと思った』」との見出しで記事を掲載。本文では「ワールドカップがミリ単位の差で終わってしまうのは非常に辛い」「ベスト16のゲームまで行ったら負けて意味がある試合はないと思う。負けは負けだわ」とネイハーのコメントを伝えている。

 記事内では「彼女はできる限りのことをしたが、米国人には残念なことに、ラピノー、オハラ、ソフィア・スミスがそれぞれシュートをミスし、スウェーデンがそれにつけ込んだ」とミスが目立った試合だったと指摘。その中でネイハーが「彼女らのことを思うと心が痛む」と語り、こう続けている。

「辛いわ。彼女たちはこのためにトレーニングしてきたし、このために準備してきた。不幸にもこういうことが起こってしまった。彼女たちがどれだけこれにかけていたか知っているから心が痛む」

 最後のPKのシーンについては「止めたと思ったわ」「でも残念ながら少しだけ入ってしまった。これは辛いわ」と回顧。GLTの介入で決着がついたことについても納得しているようで「だから、入っていたということね」と潔く敗戦を受け入れた。

 とはいえ、敗退の悔しさは深い悲しみとなっているようで「胸が張り裂けそうだわ」と告白。「私たちはこれにグループとして、チームとしてかなりのことを注ぎ込んでいた。この大会だけじゃなく、この数週間だけじゃなくね。私たちにとって、ここまで来るのに3、4年かけてきた。数多くのことを犠牲にして、数多くの献身をしてきた。この舞台を夢見てきたの。このためにプレーしてきたという瞬間なの」と語っていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集