[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

180cm&104kgの小学生が衝撃バックスクリーン越えHR U-12W杯で米驚愕「球審よりもデカい」

野球のU-12ワールドカップ(W杯)は6日、台湾のアジア太平洋国際野球トレーニングセンターで決勝が行われ、米国が10-4で台湾に勝利し優勝した。身長180.3センチ&体重104.3キロのリーランド・ヘンリー内野手(米国)が6回にバックスクリーンを越す満塁弾でダメ押し。米メディアが動画を公開すると、米ファンに「球審よりもデカいじゃないか」と衝撃を与えている。

身長180.3センチ&体重104.3キロのリーランド・ヘンリー内野手【写真:Getty Images】
身長180.3センチ&体重104.3キロのリーランド・ヘンリー内野手【写真:Getty Images】

米国代表が優勝

 野球のU-12ワールドカップ(W杯)は6日、台湾のアジア太平洋国際野球トレーニングセンターで決勝が行われ、米国が10-4で台湾に勝利し優勝した。身長180.3センチ&体重104.3キロのリーランド・ヘンリー内野手(米国)が6回にバックスクリーンを越す満塁弾でダメ押し。米メディアが動画を公開すると、米ファンに「球審よりもデカいじゃないか」と衝撃を与えている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 豪快な一発が飛び出した。6-2の米国リードで迎えた6回。満塁の場面で右打席に入ったヘンリーは甘く入った一球を強振。ボールはセンターへぐんぐん伸びてバックスクリーンを越えた。打った瞬間に確信歩き。大人顔負けのバット投げも披露し、悠々とダイヤモンドを一周した。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターは「彼は12歳だと???」と記して実際の動画を公開。米ファンからは「400フィート級本塁打だ」「なんてこった」「ビッグパピだろ」「Wow!」「球審よりもデカいじゃないか」「なんで彼と勝負するんだ?」「ウソだろ」と驚きの声が寄せられている。

 6月に12歳になった右投右打のヘンリーは7月29日のオープニングラウンドのニュージーランド戦でも圧巻の3ランを放って話題に。W杯アメリカ大陸予選では全9試合に先発出場。打率.684、13安打、17打点、チームトップの7本塁打&22得点と大暴れしていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集