[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス、プレーオフ遠のく同一カード4連敗に米記者衝撃「球団にとって壊滅的な1週間」

米大リーグ・エンゼルスは6日(日本時間7日)の本拠地マリナーズ戦に延長の末、2-3で敗れて同一カード4連敗。「2番・DH」で出場した大谷翔平投手は4打数1安打の結果に終わり、チームはワイルドカード争いから大きく後退した。まさかの連敗街道にツイッター上の米記者も反応。「球団にとってまさに壊滅的な1週間だった」と衝撃を伝えている。

マリナーズ戦、3回に三振に倒れたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
マリナーズ戦、3回に三振に倒れたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地マリナーズ戦でまさか

 米大リーグ・エンゼルスは6日(日本時間7日)の本拠地マリナーズ戦に延長の末、2-3で敗れて同一カード4連敗。「2番・DH」で出場した大谷翔平投手は4打数1安打の結果に終わり、チームはワイルドカード争いから大きく後退した。まさかの連敗街道にツイッター上の米記者も反応。「球団にとってまさに壊滅的な1週間だった」と衝撃を伝えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 スタジアムに虚しさが漂った。エンゼルスは2-2で迎えたタイブレークの延長10回に4番手バリアが痛打されて1点を失うと、続く攻撃でマリナーズ5番手の左腕サウセドに3人が抑え込まれて敗戦。マリナーズとの4連戦を“スイープ”され、6連敗となった。大谷の残留が決まり、チームは大補強を終えてプレーオフ進出への準備を整えたとされた中だっただけに、衝撃は広まった。

 ツイッター上の米記者もすぐに反応。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「結果:エンゼルスはマリナーズに3対2で負ける」とつづり「彼らは4連戦で全敗。プレーオフ争い真っ只中で週末を迎えてから、今は良くて縁(に追いやられている)」「彼らは56勝57敗で、ワイルドカード圏内まで7ゲーム差、地区首位には10.5ゲーム差となっている」と続けた。

 MLB公式のブレント・マグワイア記者は「マリナーズはアナハイムで2005年7月以来となる同一カード4連戦スイープを達成した」「しかし、このシリーズはマリナーズとエンゼルスの間で激戦となった」「シアトルは(4戦)合計で6点エンゼルスを上回り、各試合では2点差以内で勝利した」とつづり、エンゼルスが競り負けたことに言及。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「最終結果、延長10回でマリナーズ3-2エンゼルス。エンゼルスはトレード期限以降6連敗で勝率5割(56勝57敗)を下回った。球団にとってまさに壊滅的な1週間だった」とインパクトがある言葉で衝撃を伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集