[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪夢5連敗のエンゼルス監督「まだ楽観的。50試合ある」「ロッカーでは辛い」 PO進出へ6ゲーム差

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発し、4打数無安打だった。チームは2-3で悪夢の5連敗。ワイルドカードによるプレーオフ進出圏内まで6ゲーム差に開き、フィル・ネビン監督は「まだ楽観的。50試合ある」「ロッカーでは辛い」と語った。

本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が「2番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発し、4打数無安打だった。チームは2-3で悪夢の5連敗。ワイルドカードによるプレーオフ進出圏内まで6ゲーム差に開き、フィル・ネビン監督は「まだ楽観的。50試合ある」「ロッカーでは辛い」と語った。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 最後の追い上げは及ばなかった。エンゼルスは1-3の9回2死一、二塁からドルーリーが左翼へエンタイトル二塁打。1点を返し、なおも2死満塁としたが、レンフローが空振り三振に倒れた。

 米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の試合後番組内では、フィル・ネビン監督が会見。ドルーリーのエンタイトル二塁打について「ボールがフェンスを越えなければ同点だった」と語り、こう続けた。

「明日球場に来た時に、楽観はまだある。我々にはやるべき仕事があるし、このチームは戦える。今日も見ただろう。それは変わらない。もちろん敗戦への失望感はあるし、今ロッカールームにいるのは辛い。まだ50試合残っているし、いろいろなことが起きるものだ」

 大谷は二ゴロ併殺打、右直、空振り三振、空振り三振の4打数無安打だった。エンゼルスは貯金を吐き出し、ア・リーグ西地区4位。7位のワイルドカード争いでも圏内の3位ブルージェイズまで6ゲーム差に開いた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集