[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス戦で珍事 同じプレーに両軍チャレンジ要求、米記者驚き「今まで見たことない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発。8回には両軍が同じプレーにチャレンジを要求する珍事が発生した。

エンゼルスのフィル・ネビン監督【写真:ロイター】
エンゼルスのフィル・ネビン監督【写真:ロイター】

大谷翔平が「2番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発。8回には両軍が同じプレーにチャレンジを要求する珍事が発生した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 守るエンゼルスは7-8の8回1死一塁。相手打者マーフィーへのボールが死球と判定された。これにベンチが要求したチャレンジが成功。当たっていないとされたが、今度はマリナーズが打撃妨害ではないかとチャレンジ。バットが捕手のミットに当たっていたかどうか確認され、チャレンジは失敗に終わった。

 カリフォルニア地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は、ツイッター上で「これは今まで見たことないと思う。両チームが同じプレーでチャレンジした。死球判定にエンゼルスがチャレンジした。それは覆った。マリナーズはそこで捕手が妨害したとチャレンジした。これは受け入れられなかった」と驚きをもって伝えた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者も、ツイッターで「なんて夜だろう」とつづっている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集