[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なおエ逆転満塁弾も…大谷翔平、急遽降板→衝撃40号に米記者確信「痙攣は打つのに問題ない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で先発した。4回無失点ながら右の手と指の痙攣で突如降板したが、指名打者として出場を続け、二盗から同点のホームイン。さらに40号ソロをぶち込んだ。米メディアは動画を公開。米記者は「右手の痙攣は打つには問題ないようだ」と確信している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が「2番・投手」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で先発した。4回無失点ながら右の手と指の痙攣で突如降板したが、指名打者として出場を続け、二盗から同点のホームイン。さらに40号ソロをぶち込んだ。米メディアは動画を公開。米記者は「右手の痙攣は打つには問題ないようだ」と確信している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 大谷が右翼にぶち込んだ。2-1の8回1死走者なし。内角から中に入ってくる球を強振。弾丸ライナーは右翼の本塁打エリアまで到達した。打球速度106.7マイル(約171.7キロ)、飛距離390フィート(約118.9メートル)。衝撃の活躍ぶりに球場はお祭り騒ぎだ。

 米メディアは動画を公開。記者や識者もツイッター上で続々と反応する中、MLB公式のエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニが40号本塁打。エンゼルスが8回に3-1でリード。右手の痙攣は打つには問題ないようだ」とつづった。

 大谷は4回までに球数59、3安打1四球、4奪三振無失点。しかし、10勝目の期待がかかっている中で右の手と指の痙攣で突如降板した。それでも、指名打者として出場を続け、降板後最初の打席となった0-1の6回2死走者なしでは、3ボール0ストライクから申告敬遠を受けた。さらに二盗。3番クロンの中前打で同点ホームを踏むと、続くムスタカスの適時打で逆転していた。

 なお、エンゼルスは3-1の9回から登板した守護神カルロス・エステベスがまさかの逆転満塁弾を浴び、3-5で敗れた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集