[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、降板理由は「手と指の痙攣」と球団発表 4回0封なのに突如…2番手右腕が先制ソロ被弾

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で先発した。今季10勝目、40号本塁打が期待されたが、4回無失点で突如降板。理由は「右の手と指の痙攣」という。球団広報が発表した。大谷は指名打者として出場を続けている。

4回無失点で突如降板したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
4回無失点で突如降板したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が「2番・投手」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で先発した。今季10勝目、40号本塁打が期待されたが、4回無失点で突如降板。理由は「右の手と指の痙攣」という。球団広報が発表した。大谷は指名打者として出場を続けている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 大谷は初回から快投。160キロ超えの速球などで相手打者を封じていた。4回までに球数59、3安打1四球、4奪三振無失点。しかし、10勝目の期待がかかっている中で突如降板した。エンゼルス広報公式ツイッターは「ショウヘイ・オオタニは右の手と指の痙攣のために今夜の試合を(投手として)交代した」と発表した。

 2番手の右腕ホセ・ソリアーノが6回に先制ソロを許した。大谷は打っては初回に右前打。8試合連続安打としていた。大谷は指名打者として出場を続け、降板後最初の打席となった0-1の6回2死走者なしでは、3ボール0ストライクから申告敬遠を受けた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集