[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「62発打たなかったらチャプマンのせいかも」 大谷翔平が敬遠急増、冗談交じりに米分析会社が指摘

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、敵地ブレーブス戦に「2番・DH」で先発出場。2回の第2打席で申告敬遠された。3戦連続。直近3試合で5つ目の敬遠で、今季13つ目はリーグ最多に。28日(同29日)のブルージェイズ戦では、相手選手が大谷と勝負したことを監督に抗議したと報じられたが、米データ分析会社は「62本塁打を打たなかったら、それはチャプマンのせいかも」などとジョーク交じりに伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ブレーブス戦「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、敵地ブレーブス戦に「2番・DH」で先発出場。2回の第2打席で申告敬遠された。3戦連続。直近3試合で5つ目の敬遠で、今季13つ目はリーグ最多に。28日(同29日)のブルージェイズ戦では、相手選手が大谷と勝負したことを監督に抗議したと報じられたが、米データ分析会社は「62本塁打を打たなかったら、それはチャプマンのせいかも」などとジョーク交じりに伝えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 直近3試合で敬遠が急増している大谷。注目されたのは28日のブルージェイズ戦で大谷が39号をかっ飛ばした後、ブルージェイズベンチで見られた光景だ。マット・チャプマンが、シュナイダー監督に激しい剣幕で言葉をぶつける様子が現地中継に映り、大谷と勝負したことに対する抗議ではないかと報じられた。口の動きから「なんでヤツと勝負したんだ? このチームで唯一の打てる選手じゃないか」という趣旨の発言をしたと憶測が飛んでいた。

 試合後の会見で、シュナイダー監督は「監督と選手が起きたことについて話し合った。そうとだけ言っておく」、チャプマンも「良い理由から起きたもの。自分は競争心が高くて、ただ試合に勝ちたい。ネガティブなやり取りとかではないんだ。ただ興奮しただけだ」と話すにとどめ、内容は明かさなかった。

 ブルージェイズはその後の2試合で大谷を計4度も敬遠。米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」は「もしショウヘイが62本塁打打たなかったら、それはマット・チャプマンのせいかも」とジョーク交じりに投稿していた。昨年、アーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)がア・リーグ最多を更新する62本塁打を放っているが、大谷もこれに負けないペースで本塁打を量産していた。

 米ファンからは「賢い男だ」「昨年のジャッジよりも彼のことを恐れている」「これも野球の一部」「ショウヘイ・オオタニのおかげで私はまた野球を見るようになったが、臆病者は彼と勝負してくれない」「全チームがもっと彼を歩かせるようになる」「マットを責めるな、エンゼルスの打線がダメなのを責めろ」「臆病者め」などとコメントが書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集