[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス戦でもないのに“大谷翔平談義” 試合そっちのけのメッツ解説「空前の選手ですよ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、27日(日本時間28日)の本拠地ホワイトソックス戦で大活躍。二刀流出場で打っては2本塁打、投げても7勝目をマークした。翌28日(同29日)にメッツの千賀滉大投手が先発した試合では、地元局が試合途中に大谷の活躍を紹介。解説を務めたメッツのレジェンドが「空前の選手」と称えるなど異例の議論が交わされた。

ホワイトソックス戦に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ホワイトソックス戦に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

NY放送局が試合中に大谷翔平について議論

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、27日(日本時間28日)の本拠地ホワイトソックス戦で大活躍。二刀流出場で打っては2本塁打、投げても7勝目をマークした。翌28日(同29日)にメッツの千賀滉大投手が先発した試合では、地元局が試合途中に大谷の活躍を紹介。解説を務めたメッツのレジェンドが「空前の選手」と称えるなど異例の議論が交わされた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 衝撃的な活躍を見せた二刀流のニュースが、全米を駆け巡っている。2本のホームランと10奪三振で7勝目という規格外の活躍を見せた翌日、メッツの千賀が先発したブリュワーズ戦でのことだ。米ニューヨーク州地元局「スポーツネット・ニューヨーク」は、4回裏のメッツ攻撃時の先頭打者から無死一、二塁の場面まで、試合そっちのけで大谷について話し始めた。

 実況のゲイリー・コーエン氏が「オオタニほど多くの面で圧倒的な選手は、これまでいましたか?」と切り出すと、背番号17がメッツの永久欠番となっている解説のキース・ヘルナンデス氏は「ベーブ・ルースと言えるかもしれないけれど、彼はそんなに長い間やっていない。個人的にはオオタニに近づける者は誰もいないと思います」と答えた。

 1970年代から80年代にかけてMLBでシーズンMVPや首位打者を獲得しているヘルナンデス氏。コーエン氏から前日の二刀流としての活躍を紹介されると「空前の選手ですよ。間違いありません」と称賛。そして「あと何年このレベルで二刀流としてプレーできるか」との実況の問いかけには、「彼は何歳? 29歳だと今が最盛期ですね」と応じ、「彼の腕がいつまでもつか、ストレートの球速が落ちるかどうか、そうしたら打者としてのみ起用するか、ですね」と自身の見解を述べていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集