[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「122mを片手で…」 逆方向へ技あり28号、敵地実況席が唖然「降板したばかりですよ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場。初回に27号先制ソロ、降板後の7回にも28号ソロを放つなど3打数3安打2打点と爆発。投げても7回途中4安打1失点、10奪三振の好投で7勝目を挙げた。衝撃的な活躍の連続だったが、その中で敵地実況席では2本目の本塁打に唖然。「脱帽するしかありません」「オオタニ・ルールが無ければなぁ」と落胆していた。

Wソックス戦で28号を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
Wソックス戦で28号を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で二刀流出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場。初回に27号先制ソロ、降板後の7回にも28号ソロを放つなど3打数3安打2打点と爆発。投げても7回途中4安打1失点、10奪三振の好投で7勝目を挙げた。衝撃的な活躍の連続だったが、その中で敵地実況席では2本目の本塁打に唖然。「脱帽するしかありません」「オオタニ・ルールが無ければなぁ」と落胆していた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 まさに大谷劇場だった。打っては初回に先制の27号ソロを放ち、投げては7回途中まで無失点に抑え好投を見せた大谷。爪が割れたようでマウンドは救援陣に譲ったが、その直後の打席で今度は左中間へこの日2本目となる28号ソロを叩き込んだ。1点差に詰め寄られたところで、相手を再度突き放す価値ある一発。これで月間13本塁打となり、自身が2021年にマークしていた球団記録に並んだ。

 ホワイトソックスの試合を中継する米イリノイ州地元放送局「NBCスポーツ・シカゴ」の実況席は完全に“お手上げ”状態だった。実況のジェイソン・べネッティ氏は「逆方向へ今夜2本目の本塁打を放った。彼のチームメイトすら信じられないようです」と伝えると、解説のゴードン・ベッカム氏は「この男は390フィート(約119メートル)のサインがあるレフト方向へ片手で打ち込んでしまいました。400フィート(約122メートル)を片手で、ですよ。脱帽するしかありません」と話した。

 普通ならホワイトソックス贔屓の話になるところだが、この日は完全に“大谷祭り”。ベネッティ氏が「彼は投手として降板したばかりですよ」と話すと、ベッカム氏は「オオタニ・ルールが無ければなぁ。ホワイトソックスにとって良いことなんですけどね」と嘆いた。指名打者(DH)を兼務していた投手が、降板した場合も継続出場が可能になった昨季のルール改正に触れずにいられなかった様子だ。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集