[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平27号は「本当に壮観だ!」 LA実況席は連日の絶叫…水原通訳の兜“代理”にもビックリ

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場。初回の第1打席で、右翼席へ2試合連続となる27号ソロを叩き込んだ。6月はこれが12本目の一撃で、年間54発ペースに。地元ロサンゼルス放送局の実況席では「本当に壮観だ!」と興奮の声があがるとともに、兜を“代理”で被った水原一平通訳にも注目していた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ホワイトソックス戦に「2番・投手」で投打二刀流出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場。初回の第1打席で、右翼席へ2試合連続となる27号ソロを叩き込んだ。6月はこれが12本目の一撃で、年間54発ペースに。地元ロサンゼルス放送局の実況席では「本当に壮観だ!」と興奮の声があがるとともに、兜を“代理”で被った水原一平通訳にも注目していた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 自らを援護する強烈な一発だ。初回1死、大谷は相手先発コーベックの4球目を打ち抜いた。高々と舞い上がった打球は右翼席に飛び込む先制の27号ソロに。飛距離418フィート(約127.4メートル)、打球速度110.8マイル(約178キロ)だった。生還後、ベンチで用意されていた兜を被らず、投球に備えてベンチ裏へ。代わりに水原通訳が被り、ブルペンへの“侍切り”パフォーマンスも行った。

 この一発に、米ロサンゼルス放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況ウェイン・ランダッゾ氏は「ここで1-0になるかもしれません。(ここで打つと)言ったでしょ? 高い! 大きい! 行った! ショウヘイ・オオタニの第27号! 本当に壮観だ!」と前日に続いて絶叫した。

 解説を務めるエンゼルスOBのマーク・グビザ氏も「彼はただただ非現実的です。27号、63打点」と称賛し、直後に兜を“スルー”したシーンに言及。「(大谷が)エネルギーをセーブています! 彼は今日マウンドにも上がっていますから」と話した。

 ランダッゾ氏は「カブトがどこに行くか見てみましょう。あげるよ、イッペイ。ほらね。サンドバルに届けないと」と水原氏のパフォーマンスを伝え、グビザ氏は「これは本当に素晴らしい。ワオ!」と珍しいシーンにビックリしていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集