[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、日米200号は詰まって入る驚愕の悪球打ち25号! 米実況席は狂乱「ボール3つ分は外れてた!」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ロッキーズ戦に「2番・DH」で先発出場。5回の第3打席で勝ち越し25号ソロを放ち、日米通算200本塁打を達成した。地元中継局は思わず笑い出し、お祭り騒ぎに。「ワオ! これはストライクですらない!「ボール3つ分ぐらいは内角に外れていました」と驚愕の悪球打ちに大興奮となった。

ロッキーズ戦の第3打席で今季25号を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ロッキーズ戦の第3打席で今季25号を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地ロッキーズ戦に「2番・DH」で25号

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ロッキーズ戦に「2番・DH」で先発出場。5回の第3打席で勝ち越し25号ソロを放ち、日米通算200本塁打を達成した。地元中継局は思わず笑い出し、お祭り騒ぎに。「ワオ! これはストライクですらない!「ボール3つ分ぐらいは内角に外れていました」と驚愕の悪球打ちに大興奮となった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 日米通算200号のメモリアル弾は大谷らしい驚愕弾だった。2-2で迎えた5回先頭、左腕フリーランドが投じた見送ればボールという内角チェンジアップをスイング。詰まった打球に見えたが、打球が飛びやすい高地の後押しもあってか、ぐんぐん伸びて右翼フェンスオーバーとなった。敵地もざわめく中、大谷は悠然とダイヤモンドを一周した。

 エンゼルス戦を中継する「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況席はお祭り騒ぎだ。実況のマット・バスガーシアン氏は「ワッハッハ」と笑い出し、「ワオ! これはストライクですらない!」と大興奮。オーマイグッドネス! オーマイ! カモン! カイル・フリーランドを見てくれ! 冗談だろ、って感じだ! この男は別の惑星から来た!」と絶叫し続けた。

 解説のマーク・グビザ氏も「チェンジアップでした。ショウヘイが唯一、ちょっとだけ苦戦していた球でした。なんて素早い手の動きでしょう。ゾーン外のチェンジアップをとらえました。どうやってゾーン外のチェンジアップをあんな風に打つんでしょう。信じられません」と驚きを隠せない。バスガーシアン氏も「もう一度見るのが待ちきれません。ボール3つ分ぐらいは内角に外れていました。オオタニはそれを正真正銘、強振しました」と唸った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集