[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田健太、678日ぶり復活1勝に感激「勝てたことが一番」 5回の交代拒否は「『NO』を連呼して『もう一人』と…」

米大リーグのツインズ・前田健太投手が23日(日本時間24日)、敵地で行われたタイガース戦で2か月ぶりに先発登板し、5回3安打無失点、毎回の8奪三振、2四球の好投。2021年8月14日(同15日)のレイズ戦以来、678日ぶりの白星となった。

タイガース戦で先発登板したツインズの前田健太【写真:Getty Images】
タイガース戦で先発登板したツインズの前田健太【写真:Getty Images】

敵地タイガーズ戦で5回無失点

 米大リーグのツインズ・前田健太投手が23日(日本時間24日)、敵地で行われたタイガース戦で2か月ぶりに先発登板し、5回3安打無失点、毎回の8奪三振、2四球の好投。2021年8月14日(同15日)のレイズ戦以来、678日ぶりの白星となった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 試合後のインタビューで、前田は「久しぶりに勝てたことは本当にうれしい。チームメートに感謝したい」と感激した様子。この日の登板を振り返り、「マイナーでメカニクスもしっかりと調整できたから、メジャーの試合で勝つことが目標だった。勝てたことが一番うれしいです」と語った。

「初回は久しぶりの登板で緊張して、走者をためてしまったけど、初回を0点に抑えたことで冷静になれた」と前田。5回のピンチでティングラー監督代行がマウンドに向かい、“交代拒否”した場面は「『NO』をとりあえず連呼して『あと一人投げさせてくれ』とお願いした。俺の英語がちゃんと通じていたからはわからないけど、『もう一人』ということを伝えました」と笑った。

 前田は2021年の9月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、22年シーズンは全休。今年4月4日に公式戦登板し、開幕4連敗だった。4月26日(同27日)のヤンキース戦の4回に右上腕三頭筋の張りで降板し、翌27日(同28日)から負傷者リスト(IL)入りしていたが、うれしい復活の白星となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集