[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「大いに忘れられている酷かった経験」 元相棒が回顧「投手でうまくいかなくても…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地ドジャース戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。打線の援護がなく3敗目(6勝)を喫したが、7回1失点12奪三振と快投した。米メディアは「ショウヘイ・オオタニがいかに投手としてさらに良くなっているか」と題する特集記事を掲載。「MLBで投手として初めての経験は酷かった」として、当時の“相棒”が「投手としてうまくいかなかったら……」と考えた逸話を紹介している。

エンゼルス・大谷翔平(左)とバッテリーを組んでいたマーティン・マルドナード(2018年撮影)【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(左)とバッテリーを組んでいたマーティン・マルドナード(2018年撮影)【写真:Getty Images】

当時の先発捕手のマルドナード「いつでも左翼やDHでプレーできる」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地ドジャース戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。打線の援護がなく3敗目(6勝)を喫したが、7回1失点12奪三振と快投した。米メディアは「ショウヘイ・オオタニがいかに投手としてさらに良くなっているか」と題する特集記事を掲載。「MLBで投手として初めての経験は酷かった」として、当時の“相棒”が「投手としてうまくいかなかったら……」と考えた逸話を紹介している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 今季ここまでメジャートップの被打率.179、リーグトップの奪三振率11.83を記録するなど、球界を代表する投手の1人となった大谷だが、メジャーでの第一歩は華々しいものではなかった。米スポーツ専門局「ESPN」の特集では「今となっては大いに忘れられているが、ショウヘイ・大谷のメジャーで投手として初めての経験は酷かった」と表現している。

 2018年の開幕前。先発したオープン戦2試合で8つのアウトを奪うまでに9失点を喫し、メキシカンリーグの球団との非公式のエキシビションでも6失点と乱調だったことに記事は言及。「当時のエンゼルスの先発捕手だったマーティン・マルドナードにとって最も心配だったのは、彼の球速だった」と、渡米直後は90マイル前半(約144.8キロ~約152.9キロ)しか出ていなかったことにも触れた。

「現在はアストロズに所属するマルドナードは、オオタニの打撃練習で慰めを見つけた」とした同記事は、当時を回顧するマルドナードのコメントを紹介。「ボールがバットからポンポン飛んでいた。もし投手としてうまくいかなくても、彼はいつでも左翼やDHとしてメジャーでプレーできる」と思ったという。

 当時の“相棒”の懸念は杞憂に終わり、今となっては球界を代表する投手の1人に。「彼はこのリーグに慣れ、うまくなるためにやらなければならないことに慣れていった。毎年彼は学び続けて、どんどん良くなっているように感じる」と、成長を続ける大谷の姿に感銘を受けているようだ。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集