[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「あれは152mは飛んでいた」 大谷翔平の衝撃弾は“計測ミス”と同僚主張「141mは怪しい数値」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季76試合が終わった時点で両リーグ最多の24本塁打を放つなど、年間51本ペースで日本人初の本塁打王も視界にとらえている。同僚のジャレッド・ウォルシュ内野手は、間近で目撃した大谷の驚異的なパワーをは米ポッドキャスト番組で証言。463フィート(約141メートル)と計測された一打は500フィート(約152.4メートル)飛んでいたと公式記録に“疑義”を抱いているようだ。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

公式記録は141メートルと計測も…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季76試合が終わった時点で両リーグ最多の24本塁打を放つなど、年間51本ペースで日本人初の本塁打王も視界にとらえている。同僚のジャレッド・ウォルシュ内野手は、間近で目撃した大谷の驚異的なパワーをは米ポッドキャスト番組で証言。463フィート(約141メートル)と計測された一打は500フィート(約152.4メートル)飛んでいたと公式記録に“疑義”を抱いているようだ。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏が司会を務めるポッドキャスト番組「フリッピン・バッツ・ポッドキャスト」に出演したウォルシュ。“大谷マニア”として知られるバーランダー氏は、大谷が3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の打撃練習で特大弾を連発していたことに触れ、「彼がしていることで最も感銘を受けたことは?」とウォルシュに投げかけた。

「打撃練習ですらなかった」とウォルシュが持ち出したのは2021年7月9日(日本時間10日)のマリナーズ戦(シアトル)で大谷が放った特大弾だった。ネクストバッターズサークルにいたというウォルシュは「最上階まで行ったんだ。あそこまでボールが行くことは滅多にない」と振り返った。

「スタットキャストは怪しい数値を出すことがある。443フィート(約135メートル)とかだったと思うけど、あれは500フィートは飛んでいたね」と公式記録が“計測ミス”であると主張したウォルシュ。12日(同13日)からの敵地でのレンジャーズ4連戦でも逆方向の2階席に届く特大弾を放っていたことにも触れると、バーランダー氏も「意味が分からない。起こるべきじゃないことだ」と驚嘆していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集