[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エ軍新人オホッピーが復帰への第一歩 キャッチボール開始と米記者報道 本人も「笑顔で目覚めている」

米大リーグ・エンゼルスのローガン・オホッピー捕手が復帰への第一歩を記した。米記者が21日(日本時間22日)にツイッターで伝えたもので、軽い“キャッチボール”を開始。本人の「ここ2日間、笑顔で目覚めている」という談話も紹介している。

エンゼルスのローガン・オホッピー【写真:Getty Images】
エンゼルスのローガン・オホッピー【写真:Getty Images】

4月下旬に故障離脱した新人オホッピー

 米大リーグ・エンゼルスのローガン・オホッピー捕手が復帰への第一歩を記した。米記者が21日(日本時間22日)にツイッターで伝えたもので、軽い“キャッチボール”を開始。本人の「ここ2日間、笑顔で目覚めている」という談話も紹介している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 青空が広がるスタジアムの芝生の上で笑顔が戻った。感触を確かめるように軽くボールを投げ込んだオホッピー。故障した左肩をかばってか、捕球はまだスタッフに任せているとはいえ“キャッチボール”に笑顔を見せた。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は自身のツイッターで「ローガン・オホッピーが昨日、軽いキャッチボールを開始。今日もやっており、明日もやるとのこと。そののち、再診断と強度を上げる前に、金曜日と土曜日にも投げる予定」とつづり、オホッピーの「ここ2日間、笑顔で目覚めている。実際に何か出来る感覚だ」という談話も紹介している。

 米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者はツイッターで動画を公開。「ローガン・オホッピーが軽い投球を始めている。手術は利き手と反対の肩。まだキャッチはしていない」とつづり、復帰への第一歩を記したことを伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集