[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス得点逃した微妙判定に米記者疑問 長時間リプレー検証も「判定を覆す証拠見ていない」

米大リーグ・エンゼルスは20日(日本時間21日)、本拠地でドジャースと対戦。0-0で迎えた4回に本塁突入した走者ブランドン・ドルーリーが憤死。当初はセーフと判定されたが、リプレー検証でアウトに覆った。米記者からは「判定を覆す証拠は見ていない」「これは議論の余地を残す判定だ」と疑問の声も上がっている。

4回、エンゼルスのブランドン・ドルーリーが本塁突入するもタッチアウトに【写真:ロイター】
4回、エンゼルスのブランドン・ドルーリーが本塁突入するもタッチアウトに【写真:ロイター】

ドジャース戦で微妙判定

 米大リーグ・エンゼルスは20日(日本時間21日)、本拠地でドジャースと対戦。0-0で迎えた4回に本塁突入した走者ブランドン・ドルーリーが憤死。当初はセーフと判定されたが、リプレー検証でアウトに覆った。米記者からは「判定を覆す証拠は見ていない」「これは議論の余地を残す判定だ」と疑問の声も上がっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 好投手カーショーから先取点とはならなかった。4回2死一塁の場面で、5番レンフローが左中間を破る二塁打を放った。一塁走者ドルーリーは激走。三塁ランナーコーチは手を回した。完全にアウトのタイミングでボールが本塁へ返球されたが、やや一塁方向に逸れた。ドルーリーは頭から飛び込み、捕手のタッチを避けるようにしながらも右手でホームベースを触れた。判定はセーフで、エンゼルス1点先制かと思われた。

 しかしドジャース側がチャレンジ。審判団のリプレー検証が行われた。スローで見ても微妙なシーンで、判定は長引く。結果、アウトに覆ってエンゼルス先制とはならなかった。

 このシーンにツイッター上の米記者たちも反応。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「エンゼルスの先制点は判定が覆り取り消された。私の意見:彼はアウトの可能性が高かった。そもそもそれが最初の判定であるべきだった」と記しながらも、「しかし、彼らがアウトと判定しなかった当初の判定を覆す証拠は見ていない」と判定を覆すだけの根拠が乏しいと指摘した。

 MLB公式のブレント・マグワイア記者も「おっと。これは議論の余地を残す判定だ」と指摘していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集