[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、決勝・米国戦も上野の“中3時間半”先発決定 「上野の413球」の再現なるか

ソフトボール女子の世界選手権最終日は12日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで敗者復活を兼ねた3位決定戦が行われ、世界ランキング2位の日本はカナダを3-0で下し、午後7時からの決勝進出を決めた。決勝の相手・米国には11日の準決勝でタイブレークの末に敗れており、リベンジを狙う。

カナダ戦を完封した上野由岐子【写真:荒川祐史】
カナダ戦を完封した上野由岐子【写真:荒川祐史】

カナダ戦を完封した上野が午後7時開始の決勝にも先発、宇津木監督明言

 ソフトボール女子の世界選手権最終日は12日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで敗者復活を兼ねた3位決定戦が行われ、世界ランキング2位の日本はカナダを3-0で下し、午後7時からの決勝進出を決めた。決勝の相手・米国には11日の準決勝でタイブレークの末に敗れており、リベンジを狙う。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大黒柱の上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)が7回を4安打で完封。今大会6勝目を挙げた。試合後の会見で、宇津木麗華監督は決勝での上野の先発を明言。ダブルヘッダーでの連投が決まった。

 日本が金メダルに輝いた2008年の北京五輪でも上野は、決勝トーナメントの2日間で3試合28イニングを完投。計413球の熱投が話題を呼んだ。当時の決勝の相手も米国。「上野の413球」の再現なるかに注目が集まりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集