[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平をプレーオフで見られる? 圏内突入のエ軍に米ファン歓喜「涙が出た」「興奮しすぎないで」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発し、2試合連発となる24号逆転2ランを放ち、5-2の勝利に貢献した。チームはここ10試合で7勝3敗と好調で、ついにワイルドカード圏内に入った。米ポッドキャスト番組がこの事実をツイッターで伝えると、米ファンからは「今はまだ興奮しすぎないで!」「ショウヘイが残留するかも」などと様々な反応が寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ヤンキース、アストロズを抜いてワイルドカードの2枠目に

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発し、2試合連発となる24号逆転2ランを放ち、5-2の勝利に貢献した。チームはここ10試合で7勝3敗と好調で、ついにワイルドカード圏内に入った。米ポッドキャスト番組がこの事実をツイッターで伝えると、米ファンからは「今はまだ興奮しすぎないで!」「ショウヘイが残留するかも」などと様々な反応が寄せられている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ついに捉えた。3つあるア・リーグのワイルドカード枠のうち、2枠目につけていたヤンキースがレッドソックスとのダブルヘッダーに連敗。3枠目のアストロズもレッズに敗れ、4連敗を喫した。両チームは39勝33敗で勝率.542に。一方のエンゼルスはこの日の試合に勝利したことで41勝33敗。勝率.554で一気に両軍を抜き、2枠目に入った。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」公式ツイッターは「エンゼルスが今プレーオフの位置を占めている」と記して、順位表の画像と兜を被った笑顔の大谷の写真を投稿した。

 米ファンからは「今はまだ興奮しすぎないで!」「おそらくまぐれだ」「6月18日だよ」などと時期尚早とする声の他、「涙が出た……現時点で終了にしろ」「この瞬間を噛みしめるよ」と歓喜する声、「素晴らしい。これはトレード期限でオオタニがトレードされないことを意味する」「ショウヘイが残留するかも」などと大谷の去就への影響に触れるコメントも寄せられた。

 エンゼルスはア・リーグ西地区においても1位のレンジャーズに4.5ゲーム差の2位につけている。最後にプレーオフに進出したのは2014年。進出を果たせば大谷にとって初の大舞台となる。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集