[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅、横滑りしたエリアの危険性を海外指摘「起きるべくして起きた事故」「どけるべき」

自動車レース・F1の第9戦カナダGP予選が17日(日本時間18日)、カナダのジル・ビルヌーブ・サーキットで行われた。アルファタウリの角田裕毅は19番手。F1公式がロックアップの動画を公開すると、海外ファンから「誰かが犠牲になる前に直して」「こんな危ない合流は見たことない」と心配する声が相次いだ。

F1カナダGP予選に出場した角田裕毅【写真:ロイター】
F1カナダGP予選に出場した角田裕毅【写真:ロイター】

F1第9戦カナダGP予選

 自動車レース・F1の第9戦カナダGP予選が17日(日本時間18日)、カナダのジル・ビルヌーブ・サーキットで行われた。アルファタウリの角田裕毅は19番手。F1公式がロックアップの動画を公開すると、海外ファンから「誰かが犠牲になる前に直して」「こんな危ない合流は見たことない」と心配する声が相次いだ。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 角田が変更されたエリアで横滑りした。コーナーを左に曲がるところでロックアップ。安全確保のために設けられたスペース(ランオフエリア)に入り込んだ。コンクリートバリアが延長され、コーナーをカットしてのコース復帰ができなかった場所だ。角田はランオフエリアから回り込んで復帰したが、ロスとなった。

 動画を公開したF1公式ツイッターは、文面に「ターン2でユウキに大きなロックアップ!」と記して投稿。海外ファンからは「このバリアはどけるべき。それか、せめて走り抜けられるように短くすべき」「起きるべくして起きた事故」「人生でこれほど危ない合流を見たことがない。日曜に誰かが犠牲になる前に直して」「彼がターン1の後に障害物に気づき、芝を避けられたのはよかった」「これは安全じゃない」と様々な指摘が集まった。

 当初、角田はQ1敗退の16番手。しかし、予選中に他車を妨害したとされ、3グリッド降格ペナルティで19番グリッドからのスタートになった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集