[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平先制ホームでエンゼルスが首位に3.5差 直近12戦10勝の完封に日本人驚き「強くない?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、3打数1安打2四球だった。チームは3-0の完封勝ち。首位レンジャーズ、2位アストロズも敗れ、首位にゲーム差3.5とした。アストロズとはゲーム差なしだが、勝率0.001差の3位。日本のファンからは「強くない?」「今年行けるぞ」と驚きの声などが上がった。

初回に先制のホームを踏み、ベンチで祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
初回に先制のホームを踏み、ベンチで祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が「2番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、3打数1安打2四球だった。チームは3-0の完封勝ち。首位レンジャーズ、2位アストロズも敗れ、首位にゲーム差3.5とした。アストロズとはゲーム差なしだが、勝率0.001差の3位。日本のファンからは「強くない?」「今年行けるぞ」と驚きの声などが上がった。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 大谷は初回1死走者なしから左翼線に二塁打。13試合連続安打とし、ドル―リーの中前打で先制のホームを踏んだ。6回にもドルーリーの適時打で2-0。7回の押し出しで3点目を奪った。投げては先発サンドバルが7回4安打無失点。23歳のバックマンがバトンを受け、2回無安打で完封リレーだった。サンドバルは5連敗中だったが、1か月半ぶりの4勝目だ。

 試合直後、大谷は満面の笑みを浮かべてナインを出迎え。ハイタッチを交わし、健闘を称え合った。エンゼルスは15日(同16日)までの首位レンジャーズ4連戦で3勝1敗の勝ち越し。レンドン、ウルシェラ、ネトら怪我人が続出していたが、この日も2連勝で直近12戦10勝、貯金は今季最多の8と好調を維持している。

 ツイッター上の日本人ファンからは「エンゼルス今年行けるぞ」「今年のエンゼルスは強い」「エンゼルス強くない?」「ついにワイルドカード圏内に」「アストロズにゲーム差追いついとるやん!」と驚きや興奮の声が相次いだ。ロイヤルズとは18日(同19日)まで3連戦を予定している。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集