[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「現実離れしている」 元MLB選手が指摘する打撃好調の理由「どんな球種でも関係ない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)に行われた敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回の第4打席に飛距離443フィート(約135メートル)の特大22号2ランを放った。首位チームとの4連戦が終了し、4本の衝撃的なホームランを放って3勝1敗の勝ち越しに大きく貢献。その打撃技術について元メジャーリーガーはMLB専門局の動画内で「言葉に表せないぐらい」とバットコントロールの凄さを解説。その上で「ただただ現実離れしている」と驚きを示している。

敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

MLB専門局の動画で解説

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)に行われた敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回の第4打席に飛距離443フィート(約135メートル)の特大22号2ランを放った。首位チームとの4連戦が終了し、4本の衝撃的なホームランを放って3勝1敗の勝ち越しに大きく貢献。その打撃技術について元メジャーリーガーはMLB専門局の動画内で「言葉に表せないぐらい」とバットコントロールの凄さを解説。その上で「ただただ現実離れしている」と驚きを示している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 大谷はア・リーグ西地区のライバルで、首位レンジャーズとの4連戦で大爆発。12日(同13日)の初戦では7回にセンターの左へ飛距離140メートルの特大19号ソロを放ち、さらに延長12回には左翼フェンス越えの20号勝ち越し2ランを放って先勝。さらに14日(同15日)の3戦目は敗れはしたものの、9回に左中間2階席に特大の21号2ランを叩き込み、最終戦ではそのリプレーのような軌道で22号2ラン。左方向への一発で、レンジャーズ投手陣を粉砕した。

 MLB専門局「MLBネットワーク」の公式ツイッターは「本塁打数でア・リーグトップに立つ中で、エンゼルスのスーパースターがいかに全ての球種を粉砕しているか」と銘打ち、元メジャーリーガーのゼイビア・スクラッグス氏による解説動画を公開。その中でスクラッグス氏は「特別なことです。内角の球を逆方向に持っていっています。彼がそれをしているのを見るのは言葉に表せないぐらいです。特にあの身長では難しいことです」と逆方向弾に対して驚きを見せた。

 動画内では9日(同10日)に行われたマリナーズ戦で右腕カスティーヨから放った17号や、レンジャーズ戦での19号、20号の場面を紹介しながら、すべて逆方向への意識を持っていると解説。「投手たちは様々な方法で彼を攻めていますが、彼はそれでも前に突っ込むこともなく、引きつけることができています」と大谷があらゆる球種に対応できていることも指摘した。

 さらに、大谷が早いカウントから打っていることにも着目。「彼は早い段階でスイングしています。ボールがよく見えているときは、浅いカウントでも、どんな球種でも関係ありません。スイングするのです。ボールがよく見ていてゾーン内に来たなら、そのチャンスをものにするのです。彼はあらゆるコースを打っています」とも語っている。

 スクラッグス氏は大谷が22号を放った後に同ツイートを引用する形で「この男はただただ現実離れしている」と投稿。大谷の凄さを改めて実感したようだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集