[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“特等席”で見た大谷翔平の衝撃弾 ベンチで待っていた同僚の祝福に日本人感動「この絵は良い」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。3-2で迎えた8回の第4打席に、飛距離443フィート(約135メートル)の特大22号2ランを放った。自らの今季6勝目を後押しした豪快な一撃にエンゼルスのベンチも歓喜に沸いたが、その様子を米地元局の女性レポーターが“特等席”から撮影し投稿。ネット上で日本人ファンが「この絵は良い」「盛り上がりはんぱなかった」「すっごく良い雰囲気だ」と注目している。

敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

レンジャーズ戦で特大22号、ベンチでの祝福シーンを米女性レポーターが投稿

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。3-2で迎えた8回の第4打席に、飛距離443フィート(約135メートル)の特大22号2ランを放った。自らの今季6勝目を後押しした豪快な一撃にエンゼルスのベンチも歓喜に沸いたが、その様子を米地元局の女性レポーターが“特等席”から撮影し投稿。ネット上で日本人ファンが「この絵は良い」「盛り上がりはんぱなかった」「すっごく良い雰囲気だ」と注目している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 勝利を手繰り寄せる豪快なホームランに、エンゼルスのベンチも歓喜に沸いた。3-2とリードして迎えた8回無死1塁の場面、大谷はこの回から登板したレンジャーズ左腕バークの初球を振り抜く。打球はぐんぐんと伸び、前日の21号と同様に左中間2階席へ飛び込む飛距離135メートルの特大弾。敵地にもかかわらず、グローブライフ・フィールドには地鳴りのような歓声が起こった。

 確信歩きからダイヤモンドを回り、ベンチに戻ってきた大谷はチームメートとハイタッチしながら恒例の兜をかぶる。そして「ショウヘイ!」との声が次々と上がるなか、ベンチ中央の花道を颯爽と歩いていった。

 ベンチに戻ってきたシーンの動画を、カリフォルニア地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のレポーター、エリカ・ウェストンさんがツイッターに投稿。「今夜のエンゼルスの先発投手だったこの男がたった今、またマンモスのようなホームランを打ってヘイローズのリードを広げた……」との一文を添えて、二刀流の活躍を称賛した。

 またベンチ脇の“特等席”から撮影された映像に、ネット上の日本人ファンが注目。「すっごく良い雰囲気だ 感動するよ」「この絵は良い」「ダグアウト、雰囲気が良いというか、健全にアグレッシブですよね」「このアングルはエリカしか撮れないな 羨ましい」「エンゼルスベンチの盛り上がりはんぱなかった」などの声が上がっていた。

 試合はエンゼルスが5-3で勝利し、ア・リーグ西地区首位レンジャーズとの敵地4連戦を3勝1敗とした。大谷は投手として6回を投げて今季6勝目。打者としても、この日の一撃で年間50本ペースに乗せており、本塁打王争いでリーグ首位を快走している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集