[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「スポットライト奪った」 4連戦衝撃の活躍に敵地紙脱帽「人間離れのインパクト」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。6回6安打2失点で今季6勝目(2敗)を挙げた。打者としてもメジャートップに並ぶ22号2ラン放つなど2打数1安打2打点。チームの5-3の勝利に投打で貢献した。敵地紙も「スポットライトを奪った」「人間離れしたインパクトも驚きではない」などと脱帽せざるを得なかった。

敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

投手としては6勝目、打者としてはメジャートップタイの22号

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。6回6安打2失点で今季6勝目(2敗)を挙げた。打者としてもメジャートップに並ぶ22号2ラン放つなど2打数1安打2打点。チームの5-3の勝利に投打で貢献した。敵地紙も「スポットライトを奪った」「人間離れしたインパクトも驚きではない」などと脱帽せざるを得なかった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 3人が退場になる異様な空気の中、大谷が球場をさらにざわつかせた。エンゼルスが3-2とリードして迎えた8回表の攻撃が始まる直前のことだった。7回裏の打席での判定に納得いかなかったレンジャーズのセミエンが審判に猛抗議。退場処分を言い渡された。駆けつけたマダックス投手コーチ、ボウチー監督も次々と退場に。球場が騒然とする中、先頭のウォードがヒットで出塁し、無死一塁で迎えた大谷が初球を捉えた。

 救援左腕バークのカットボールを振り抜くと、打球は逆方向へ。443フィート(約135メートル)の特大22号2ランで貴重な追加点を挙げた。敵地テキサス州地元紙「ダラス・モーニングニュース」は「ショウヘイ・オオタニが審判からスポットライトを奪った」と題する記事を掲載。3人を退場させて注目の的になっていた審判から、「オオタニが試合を変える2階席への逆方向弾を放って注目を盗み返した」と評した。

 地区首位チームとの重要な4連戦を3勝1敗で勝ち越したエンゼルス。なかでも大谷の活躍は際立っていた。4試合で4本塁打、8打点。20打席のうち13打席で出塁した。同紙は「木曜日には投手と打者の2つの役割をこなしたオオタニが、この連戦において人間離れしたインパクトをもたらしたことは驚きではない」と、圧倒的なパフォーマンスも“当然のこと”と脱帽した。

 この試合では、エンゼルスが人手不足に陥っていたことにも言及。試合前にはネトが負傷者リスト(IL)入りし、ドルーリーも1試合の出場停止処分を受けて出場できず。初回にはウルシェラが走塁の際に負傷して2回裏の守備から退いた。さらにレンドンも手首付近に死球を受けて思うようにスイングできない状況に。それでも同紙は「オオタニが残された。それで十分だった」と、大谷が苦しいチームを牽引したことを称えた。

 投手としては我慢強いレンジャーズ打線を相手になかなか空振りを奪えない苦しい展開が続いたものの、6回2失点と試合を作り、6勝目を挙げた。首位相手に3勝1敗と勝ち越したエンゼルスは、レンジャーズとの差を4.5ゲームに縮め、ワイルドカード圏内にも1ゲーム差まで迫っている。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集