[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全仏の処分は「馬鹿げた判断」 加藤未唯、賞金&ポイント回復の訴え却下に海外同情「悲痛な思い」

テニスの4大大会・全仏オープンの混合ダブルスで優勝した加藤未唯(ザイマックス)は15日に、自身のSNSを更新。同大会の女子ダブルス3回戦でプレー外の返球がボールガールに当たって失格となり、剥奪された賞金とポイントの回復の訴えが却下されたことを報告した。これに対し、海外ファンからはネット上で「馬鹿げた判断」「悲痛な思いになる」「恥を知れ、ローランギャロス」など同情や大会側を批判する声が上がっている。

加藤未唯【写真:Getty Images】
加藤未唯【写真:Getty Images】

全仏オープン女子ダブルスで失格

 テニスの4大大会・全仏オープンの混合ダブルスで優勝した加藤未唯(ザイマックス)は15日に、自身のSNSを更新。同大会の女子ダブルス3回戦でプレー外の返球がボールガールに当たって失格となり、剥奪された賞金とポイントの回復の訴えが却下されたことを報告した。これに対し、海外ファンからはネット上で「馬鹿げた判断」「悲痛な思いになる」「恥を知れ、ローランギャロス」など同情や大会側を批判する声が上がっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 加藤は今月4日、アーディラ・スーチャディとのペアで出場した全仏オープン女子ダブルス3回戦の第2セット途中、プレーが途切れたタイミングで相手コートに返球したボールがボールガールを直撃。涙を流すボールガールに歩み寄って謝罪し、一度は警告と判断されたが対戦相手が抗議。最終的に裁定が変わり失格となった。

 その後、加藤は自身のツイッターで賞金とポイントが剥奪となったことを報告。混合ダブルスで優勝した後のスピーチでも、「失格は残念でしたが、今後良い結果が出て、私のポイントが戻されることを願っています」とも訴えていた。

 加藤は15日に英文でつづった投稿の中で、出場していたリベマ・オープンの女子ダブルス1回戦での敗退を伝えるとともに、「全仏オープン(ローランギャロス)は私に罰金を科し、賞金とポイントを獲得するための私の訴えも退けられました。ですので、私にできるのは前を向き続けることだけです。次の停車駅→ベルリン」と報告した。

 この投稿に対し、多くの海外ファンがネット上で反応している。

「こんな扱いを受けるいわれは全くない。間違った判断だ」
「それは残念だミユ」
「恥を知れ、ローランギャロス」
「罰金も科したの? ローランギャロスのなんて道化だ?」
「本当に同情するよミユ」
「馬鹿げた判断」
「これは悲痛な思いになるよ」
「これは馬鹿げている、頑張ってミユ!」
「いつもあなたの味方だよ」
「これは本当に滅茶苦茶だ」
「非常に不愉快なニュース」
「信じられない!」
「極めて残念」

 加藤への同情や、大会側の対応を批判する声が広がっている。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集