[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「昨日138m逆方向弾打ってなかった?」 タフネス大谷翔平の159キロ剛速球に米メディア脱帽

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場。同地区の首位を相手に、約1か月ぶりの6勝目を目指して今季14度目の先発のマウンドに立った。初回から苦しい立ち上がりとなったものの、3番ナサニエル・ロウ内野手を空振り三振に打ち取った剛速球に米データ分析会社が驚きを示している。

敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場。同地区の首位を相手に、約1か月ぶりの6勝目を目指して今季14度目の先発のマウンドに立った。初回から苦しい立ち上がりとなったものの、3番ナサニエル・ロウ内野手を空振り三振に打ち取った剛速球に米データ分析会社が驚きを示している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 外角への鋭い一球に、完全に振り遅れた。1回1死一塁で迎えたレンジャーズの3番ロウに対し、フルカウントから大谷が投じた6球目は99マイル(約159キロ)のフォーシーム。外角に投げられた一球にローは完全に振り遅れ、空振り三振となった。

 このシーンの映像を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマン氏が投稿。これを引用する形で、米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」はツイッターに、「待って、この投手昨日453フィート(約138.1メートル)の逆方向弾打ってなかった?」との一文を添えた。

 大谷は前日のレンジャーズ戦の9回に、左中間スタンドに21号2ランを放った。左打者の逆方向弾としては計測史上最速となる116.1マイル(約186.8キロ)、飛距離453フィート(約138.1メートル)の一撃に驚きの声が広がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集