[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLB監督激怒「このせいで負けたんだ!」 異例の証拠画像示した誤審訴えに意見二分「送球が悪い」

米大リーグ・ナショナルズは14日(日本時間15日)の敵地アストロズ戦で4-5のサヨナラ負けを喫した。だが、決勝点が入ったシーンでアストロズ打者走者の守備妨害が認められず、記録は捕手の失策。判定にブチ切れ、試合後の会見の席に“証拠画像”を持ち込む異例の手段で誤審をアピールしたナショナルズ監督に対し、米ファンの意見は「監督に同意だ」「送球が悪い」などと二分している。

ナショナルズのデーブ・マルティネス監督【写真:Getty Images】
ナショナルズのデーブ・マルティネス監督【写真:Getty Images】

アストロズがナショナルズにサヨナラ勝ちを収めた一戦

 米大リーグ・ナショナルズは14日(日本時間15日)の敵地アストロズ戦で4-5のサヨナラ負けを喫した。だが、決勝点が入ったシーンでアストロズ打者走者の守備妨害が認められず、記録は捕手の失策。判定にブチ切れ、試合後の会見の席に“証拠画像”を持ち込む異例の手段で誤審をアピールしたナショナルズ監督に対し、米ファンの意見は「監督に同意だ」「送球が悪い」などと二分している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 怒りたくもなるシーンだった。4-4の同点で迎えた9回。アストロズ1死満塁で8番マイヤーズ内野へのゴロを前進守備のナショナルズ遊撃手エイブラムズがつかみ、本塁はフォースアウトとなった。ゲッツーを狙った捕手のルイーズは一塁に転送。しかし、送球は一塁に達する前のマイヤーズのヘルメットに当たってしまい、ボールが内野を転々とする間にアストロズの二塁走者がサヨナラのホームを踏んだ。

 ナショナルズのデーブ・マルティネス監督は怒り心頭で試合後の会見に登場。その中で、打者のマイヤーズが一塁線の内側を走っている姿をとらえた写真を報道陣に見せ、守備妨害をアピール。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門インスタグラムは、問題になった場面のリプレーとともにマルティネス監督が訴えた会見の動画を公開した。

「これを見てみろ。彼はライン上にいるか? そうは思わない。彼ら(審判団)はルールを修正しないといけない。球審はここ(ラインの延長線上)にいて彼がライン上を走っていると見たのか。もうこりごりだ! 修正してくれよ! 我々は彼が正しい判定が出来なかったせいで負けたんだ! 残酷だよ!」

 腹の虫がおさまらずに怒りをぶちまけたマルティネス監督に対して、米ファンも反応。「彼は間違っていない」「監督に同意だ」「芝の上にいるじゃないか」と守備妨害の主張に同意する意見や「写真持ち込んでる」といった指揮官の必死さに注目した声が上がった。一方で「送球が悪い」「走者はラインに戻ったけど、それでも当てられてる」「正しい判定だ」「捕手がもっと良い送球すればよかったじゃん」といった声もあり、意見が分かれるプレーとなっている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集