[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平はレンジャーズに「上手くやれてない」 衝撃21号翌日に登板、敵地放送局は攻略に自信

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で出場。9回の第5打席に左中間スタンドに飛距離453フィート(約138.1メートル)の21号2ランを放ったものの、試合は3-6で敗れた。一方、レンジャーズは4連戦初戦からの連敗を2でストップ。「投手・大谷」と対峙する15日(同16日)の試合に向けて、テキサス州地元局は昨季成績をもとに、大谷が「上手くやれていない」と攻略について言及した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

試合後の敵地放送局番組が大谷攻略について言及

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で出場。9回の第5打席に左中間スタンドに飛距離453フィート(約138.1メートル)の21号2ランを放ったものの、試合は3-6で敗れた。一方、レンジャーズは4連戦初戦からの連敗を2でストップ。「投手・大谷」と対峙する15日(同16日)の試合に向けて、テキサス州地元局は昨季成績をもとに、大谷が「上手くやれていない」と攻略について言及した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 ア・リーグ西地区で首位を走るレンジャーズとの4連戦で少しでもゲーム差を詰めたいエンゼルス。大谷の2本塁打などで初戦をものにし、2戦目も投打がかみ合って連勝したが、3戦目は大谷に特大弾が飛び出したものの、追い上げは及ばずに敗れた。シリーズ勝ち越しがかかる最終4戦目は大谷が二刀流登板予定。プレーオフ進出に向けて大事な一戦となる。

 レンジャーズからすれば大谷を打って2勝2敗のタイにしたいところ。この日の試合後、米テキサス州地元局「バリー・スポーツ・サウスウェスト」の番組でも、大谷相手にレンジャーズはどう立ち向かうべきか、という話題になった。

 その中で、バリー・ボンズにMLB新記録の756号本塁打を打たれたことでも知られる元MLB投手マイク・バシック氏は「彼の速球を打っていきたい。彼は素晴らしい速球の持ち主だが、投手優位のカウントになると、彼は破壊力抜群の決め球を持っている。すでに100以上の奪三振を記録している。速球が来て打てそうだったらしっかり当てることだ。最高の選手と対戦するのは楽しいでしょう」と攻略の糸口について触れた。

 また、現役時代マリナーズでイチロー氏と同僚だったマーク・マクレモア氏は「レンジャーズはここ2年ほど(大谷を)打てている。(大谷は)昨年はレンジャーズ相手に0勝2敗だ。上手くやれていないんだ。レンジャーズが彼を捉えられることを願っている」と紹介。レンジャーズの打線に期待を込めた。

 二刀流大谷に対し、レンジャーズのマウンドに上がるのは今季リーグ2位の9勝を挙げているネーサン・イオバルディ投手。エース同士の投げ合いにも注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集