[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

激怒したMLB監督、異例の手段で誤審訴え 会見に証拠画像持ち込み「これを見ろよ!残酷だ!」

米大リーグ・ナショナルズは14日(日本時間15日)の敵地アストロズ戦で4-5のサヨナラ負けを喫した。だが、決勝点が入ったシーンでアストロズ打者走者の守備妨害が認められず、捕手の失策となったことにナショナルズ監督はブチ切れ。試合後の会見の席に“証拠画像”を持ち込む異例の手段で誤審をアピールした。

ナショナルズのデーブ・マルティネス監督【写真:Getty Images】
ナショナルズのデーブ・マルティネス監督【写真:Getty Images】

アストロズがナショナルズにサヨナラ勝ちを収めたが…

 米大リーグ・ナショナルズは14日(日本時間15日)の敵地アストロズ戦で4-5のサヨナラ負けを喫した。だが、決勝点が入ったシーンでアストロズ打者走者の守備妨害が認められず、捕手の失策となったことにナショナルズ監督はブチ切れ。試合後の会見の席に“証拠画像”を持ち込む異例の手段で誤審をアピールした。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 怒りが沸点に達した。4-4の同点で迎えた9回、アストロズは1死満塁の場面で8番マイヤーズの打球は内野に転がった。前進守備のナショナルズ遊撃手エイブラムズがつかむと、まず本塁でフォースアウト。ゲッツーを狙った捕手のルイーズは一塁に送球した。しかし、送球は一塁に達する前のマイヤーズのヘルメットに当たって内野を転々。その間にアストロズ二塁走者がサヨナラのホームを踏んで試合は終わった。

 これに怒り心頭だったのがナショナルズのデーブ・マルティネス監督。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門インスタグラムは「守備妨害の判定が下されなかった後、デーブ・マルティネスは腹を立てた」と記して動画を公開。試合後、マルティネス監督は会見でこうまくし立てた。

「これを見てみろ。彼はライン上にいるか? そうは思わない。彼ら(審判団)はルールを修正しないといけない。球審はここ(ラインの延長線上)にいて彼がライン上を走っていると見たのか。もうこりごりだ! 修正してくれよ! 我々は彼が正しい判定が出来なかったせいで負けたんだ! 残酷だよ!」

 そう言いながらマルティネス監督が報道陣に見せたのは、打者のマイヤーズが一塁線の内側を走っている姿をとらえた写真。打者は一塁に走る際、一塁線の外のスリーフットレーンを走ることが義務付けられているが、マイヤーズはそこから外れて走っているように見える。審判が守備妨害をとらなかったことで記録は捕手のエラーとなり、アストロズのサヨナラ勝ちとなったことに怒りを爆発させた格好。よほど腹の虫が収まらなかったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集