[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「モンスター級の特大弾だ!」 大谷翔平、計測史上最速187kmの左打者逆方向弾に敵地実況席愕然

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で出場し、9回の第5打席に左中間スタンドに21号2ランを放った。試合は3-6で敗戦となったが、左打者の逆方向弾としては計測史上最速となる116.1マイル(約186.8キロ)、飛距離453フィート(約138.1メートル)という豪快弾に敵地実況席も称賛。「モンスター級の特大弾」「間違いなく見事な一発」と伝えている。

9回の第5打席で2試合ぶりとなる21号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
9回の第5打席で2試合ぶりとなる21号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で出場し、9回の第5打席に左中間スタンドに21号2ランを放った。試合は3-6で敗戦となったが、左打者の逆方向弾としては計測史上最速となる116.1マイル(約186.8キロ)、飛距離453フィート(約138.1メートル)という豪快弾に敵地実況席も称賛。「モンスター級の特大弾」「間違いなく見事な一発」と伝えている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 敗戦目前、歴史的弾丸アーチが生まれた。5点を追う9回1死一塁、大谷は左腕ウィル・スミスの2球目ストレートを完璧に捉えると、すっ飛んでいった打球が一目散に左翼席へ。飛距離453フィート、打球速度116.1マイルの特大アーチは2階席に着弾。勝利ムードの敵地をどよめかせた。6月絶好調の大谷はこれで3戦3発。年間48発ペースとなり、一気に量産態勢に入った。

 打った瞬間に本塁打と分かる一撃はMLB公式サイトのサラ・ラングス記者のツイートによると、スタットキャストが導入された2015年以降、左打者の逆方向弾としては計測史上最速。敵地の米テキサス州地元局「バリー・スポーツ・サウスウェスト」の実況席も“お手上げモード”だ。実況のデイブ・レイモンド氏は「このボールは打ち砕かれた。レフトへ。これは21号になるでしょう。モンスター級の特大弾だ!」と伝えた。

 2007年から2年間ソフトバンクでプレーし、実況席で解説を務めたクリストファー・ニコースキー氏も「間違いなく見事な一発です」「スミスは外角低めへ投げようとしましたが、真ん中へ行ってしまいました。それをオオタニは反対方向へ453フィート飛ばしました」などと、大谷の本塁打の凄さを語った。反撃は実らず、大谷の本塁打からわずか4分後にエンゼルスは敗れたものの、15日(同16日)の登板に向けて弾みをつけた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集