[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平21号は衝撃のメジャー最速弾と判明! 左打者の「逆方向186.8km」は歴代断トツ記録

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で出場し、9回の第5打席で2試合ぶりとなる21号2ランを放った。リーグ1位の本塁打数を同2位アーロン・ジャッジ(19本)と2本差にする一発。年間48発ペースという目下の量産ぶりだが、この日の本塁打は左打者が逆方向に放った一発としては2015年の計測史上最速の打球速度だったという。

9回の第5打席で2試合ぶりとなる21号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
9回の第5打席で2試合ぶりとなる21号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

打球速度116.1マイルは左打者の逆方向歴代最速弾

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で出場し、9回の第5打席で2試合ぶりとなる21号2ランを放った。リーグ1位の本塁打数を同2位アーロン・ジャッジ(19本)と2本差にする一発。年間48発ペースという目下の量産ぶりだが、この日の本塁打は左打者が逆方向に放った一発としては2015年の計測史上最速の打球速度だったという。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 引っ張りも逆方向も関係ない。それが大谷の凄さだ。5点を追う9回1死一塁、左腕ウィル・スミスの2球目ストレートを完璧に捉えると、逆方向にすっ飛んでいった打球は一目散に左翼席へ。飛距離453フィート(約138.1メートル)の特大アーチは2階席に着弾したが、特筆すべきは打球速度116.1マイル(約186.8キロ)。強い打球を打ちやすい引っ張りではなくとも、凄まじい初速だった。

 MLB公式サイトのサラ・ラングス記者はツイッターで「116.1マイル! ショウヘイ・オオタニの本塁打はスタットキャストが2015年に記録をし始めてから左打者による逆方向への最速本塁打。ダントツで」と速報。左打者が逆方向に放った一発としては2017年9月25日にジョーイ・ガロが放った113.0マイル(約181.9キロ)を大きく上回る歴代1位の記録となったという。

 また、米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターも「スタットキャストが記録し始めてからMLBの左打者が球速116マイル以上のヒットを放った全球VS今夜ショウヘイ・オオタニが放った一発……。今夜の前には、我々はこんなことが可能なのかすら定かではなかったのだ」と驚きをつづった。大谷の規格外のパワーが証明される数字の衝撃は瞬く間に広がった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集