[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の価値は「10年910億円」 元MLB本塁打王が「投資の元は取れる」と語った根拠とは

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平は13日(日本時間14日)の敵地レンジャーズ戦に「2番DH」で先発出場し、2打数2安打3四球と5打席全てで出塁。9回には今季10盗塁目もマークする躍動ぶりでチームの7-3の勝利に貢献した。前日には同点&決勝打となる2本塁打を放ち、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手を抜いてリーグ本塁打トップに浮上。フリーエージェント(FA)になる今オフの争奪戦の激化が予想される中、MLB元本塁打王は大谷の価値を6億5000万ドル(約910億円)と予想。根拠を示したうえで「投資の元はとれる」と語っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

MLBネットワーク公式YouTubeで公開された動画

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平は13日(日本時間14日)の敵地レンジャーズ戦に「2番DH」で先発出場し、2打数2安打3四球と5打席全てで出塁。9回には今季10盗塁目もマークする躍動ぶりでチームの7-3の勝利に貢献した。前日には同点&決勝打となる2本塁打を放ち、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手を抜いてリーグ本塁打トップに浮上。フリーエージェント(FA)になる今オフの争奪戦の激化が予想される中、MLB元本塁打王は大谷の価値を6億5000万ドル(約910億円)と予想。根拠を示したうえで「投資の元はとれる」と語っている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 6月に入ってから打撃が好調の大谷。ア・リーグ西地区のライバルで首位を走るレンジャーズとの4連戦初戦で2本塁打と、強敵相手の勝負強さにも磨きがかかっている。プレーオフ進出という目標に向かっている一方で、今オフに迎えるFAをめぐる去就にも注目が集まっている。

 米MLB専門局「MLBネットワーク」公式YouTubeチャンネルは「オオタニはいくらの価値がある?」とのタイトルで動画を公開。その中で、MLB通算286本塁打、2009年にはレイズで本塁打王を獲得したカルロス・ペーニャ氏は「争奪戦は熾烈を極めるだろう。メッツは獲得を目論む主要チームとして参戦するはず。私は10年6億5000万ドル(約910億円)と予想している」と動向に注目した。

 番組ホストのブライアン・ケニー氏は「ちょっと待って、10年6億5000万ドル? 年俸6500万ドル(約91億円)だ」と仰天し、思わず確認したほど。だがペーニャ氏はその根拠をこう語った。

「理由を説明する。これは野球のグラウンド内を越えた価値を持つ移籍だ。彼は国際的スター。投資の元は取れる」

 大谷の活躍ぶりはMLBの投手、野手トップレベルの選手を合わせた“2人分”の価値があるという認識がある中、ペーニャ氏はグラウンド外の付加価値の大きさに注目。非現実的なオファーではないと見ている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集