[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織圭「ここに立てる幸せを感じながらやろうと思った」 1年8か月ぶり復帰戦快勝で感慨ひとしお

男子テニスの錦織圭(ユニクロ)は13日(日本時間14日)に行われたATPチャレンジャー大会、カリビアン・オープン(プエルトリコ・パルマスデルマル)1回戦で、世界ランキング333位のクリスチャン・ランモ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ちし、1年8か月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。試合後のインタビューでは「勝てて嬉しかった。ここに立てる幸せを感じながらやろうと思った」などと喜びを語った。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

ATPチャレンジャー大会カリビアン・オープン

 男子テニスの錦織圭(ユニクロ)は13日(日本時間14日)に行われたATPチャレンジャー大会、カリビアン・オープン(プエルトリコ・パルマスデルマル)1回戦で、世界ランキング333位のクリスチャン・ランモ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ちし、1年8か月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。試合後のインタビューでは「勝てて嬉しかった。ここに立てる幸せを感じながらやろうと思った」などと喜びを語った。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 緊張感にあふれていた。キャップ、上下ウェアを白の統一コーデでコートに立った錦織。右足首にはソックスの上から黒のサポーターも見える中、第1セット第1ゲームで相手のサーブをいきなりリターンエース。最初のショットでいきなり力強いショットを見せた。その後も的確な左右の打ち分けに加え、ドロップショットも披露。深いリターンでポイントを重ね、いきなり相手サーブをブレークした。

 第2ゲームはラブゲームでキープすると、その後も試合を支配。バックのダウンザラインやフォアの強打で相手を圧倒し、2つのブレークで第1セットを奪った。第2セットも軽快なフットワークで果敢にネットに出る場面があり、持ち味を発揮。第3ゲームでブレークすると、その後は1本ずつブレークがありながらも、1時間43分の熱闘に幕を下ろした。

 試合後、日本で中継したWOWOWのインタビューに応じた錦織は「今までの復帰戦の中で一番良かった。体はめちゃくちゃ重かったけど、何とか勝てて嬉しかった」と喜びを示した。さらに、試合前の心境を聞かれると「いろいろ考えましたね。3つ、4つ考えていたことがあった。試合でうまくできるかな、とか。なるべく試合ではポジティブに。ここに立てる幸せを感じながらやろうと思った」と実感を込めた。

 最後には「正直なところ、静かなところでやらせてほしかった」と口にしたが「それでも今日はセンターコートの観客の方の声援もあってうれしかった。内容はそれなりに良かったので、次も頑張ります」と締めた。

 錦織は2021年10月の「BNPパリバ・オープン」(ATP1000)のシングルス2回戦で敗れたのを最後に、度重なるケガで戦線離脱していた。一時は昨年1月の4大大会、全豪オープン出場に向けて治療とリハビリを行ってきたが、股関節の手術を受けて再び休養。復帰に向かっていた同10月には右足首を痛め、復帰時期は不透明になっていたが、4月末に自身のツイッターでチャレンジャー大会での復帰を予告。今大会での復帰に向けた練習動画をツイッターに公開していた。

 14日(同15日)以降に行われる2回戦ではミッチェル・クルーガー(米国)と対戦する。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集